次回来院の『アポ取り』はしつこいと百害あって一利なし

初めてウナギ整骨院に来ました。
施術終了後『次回はいつ来たらいいの?』

ということに必ずなると
思いますが当院はだいたい一貫して

こう言っています。

ミドリ 便箋 きれいな手紙が書ける便箋 お礼状用 20528006


※紹介してくださった方に感謝

しっかりと初めにゴールを示す

『しばらくはちょっと通ってください』
施術終了後によく聞くセリフですが

かなりあいまいです。
『しばらく』とはいつまでなのか?

よくわかりません。
なので当院では矯正の治療が必要で開始した患者さんには

大抵は
『最初の3回はとても重要なのでなるべく日を空けないで来てください』

矯正の初期段階は骨を筋肉になじませる大事な時期になります。
ここで2回目の矯正が10日近くなると矯正そのものの

効果を出すことがかなり難しくなります。
まさに『鉄は熱いうちに打て』なのです。

上記のような説明をしてまずは
おぼろげながらゴールを提示します。

(ゴールは治療回数が多くなるとより鮮明になります)

注意しないといけないのですが
3回で治ってしまうということではありません。

ここを勘違いしてしまう人も多いので
その辺の話も確実にしますけど。

なのでケガであればだいたい社会復帰までにかかる時間
リハビリであればどれくらい動くようになるのか?

そんなことを必ず明示します
(ぼくがせっかちなのも多分にあります)

マニュアル化しない部分

ただこれはみんなに言うわけではなくて
例えばたまたま出張で神楽坂に来た方。

産後なかなか時間が取れない中来院されている方
期間限定で神楽坂にいる方

などなど条件が変わってくる場合は最初の3回も
なにもないので、間を空けすぎると矯正の意味がなくなります

とだけ言います。必要最低限に言います。
外は患者さん一人一人のアウトラインを

加味してからのアドバイスですね。

通院回数が少なく回転のいい整骨院

これは僕のイメージなのですが
少ない回数でなるべく治す回転のいい整骨院を

目指しています。矯正はそれだけ即効性のある治療
絶対的に治療回数は少なく健康にできると思っています。

『あそこに行くとそんなに待たないしすぐ治るよね』
というのが理想です。

なのでしつこいアポ取りは苦手だし
やる必要もないかなと思っています。


【1日1新】

特になし

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。