個人経営が大手チェーンに駆逐されないようにするには?

帰る道すがらなのですが
元々あった整骨院の場所よりも

いい場所(駅に近い方)に
中規模のグループ整骨院が進出してきて

さあ、これから個人経営の整骨院
どう対処していくのか?

というのをぼんやり観察しながら
帰っているのですが

実はかつて
これに関しては自身の

経験もあり
自分が院長をしていた

院よりもいい場所に
グループ院が進出してきたことが

あります。
その経験からもどのように対処して

きたのか反省も踏まえて
お話していきます。

【受注生産品】【メディア+本体】エアバルーンポップ(ラウンド型)3mタイプ | エア看板 屋外看板 バルーン エアバルーン エアー看板 エアーバルーン LED オリジナル デザイン 屋外 店舗 催事 店舗入り口 店頭 イベント会場 駐車場 飲食店 展示会 販促

感想(0件)


これはかなりインパクトがある。

目指すべきものが違うので

当時の僕は大変焦りました。
結果的にそのチェーン店ができる前をピークに

売上は少しずつ落ちていき影響はかなり受けました。
(単純に数が増えれば来院する患者さんは減ります)

負けまいと量的なことでは
叶わないのにそこに競るようにしていったのが

敗因だと今にしては思います。
どの職種でもそうですが

『チェーン店』と『個人経営』は
全く別物として考えることがまずは第1歩だと思います。

スタッフの量、キャンペーンの打ち出し、日曜診療
診療時間が長い、などなど

どれを取っても個人では太刀打ちできず
もし競合しようもんなら

個人の身体は壊れて
それどころではなくなります。

(チェーン店のシステマチックに事を運ぶやり方は勉強にはなりますが・・)

経験がものをいう

しかしチェーン店は人が根付かなかったり
スタッフがいつも違う、などと言った弊害があったりもします。

まずは、『全く別物』と捉えて
己のストロングポイントを打ち出しましょう。

その道すがらのチェーン店の煽りを受けそうな整骨院
ちょっと値段を安くし始めちゃったり

してちょっと競合していこうとしているので
ちょっと心配ですが、陰ながら応援しています。

この記事を書いた人

加藤 隆之
加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3300日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
10年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。
アトピー整体、得意です