【融資制度を活用】新型コロナウイルス感染症特別貸付って無利子なの?入金のタイミングは?

『首都封鎖』のおびえる毎日ですが
公的な国の機関が支援してくれるケースも

あります。
そんな貸し付けがあるので

お話していきます

どういったものなのか?

新型コロナウイルス感染症の影響を受け
一時的な業況悪化を来している方であって、

次の1または2のいずれかに該当し、
かつ中長期的に業況が回復し、発展することが見込まれる方

最近1ヵ月の売上高が前年または前々年の同期と比較して5%以上減少している方
業歴3ヵ月以上1年1ヵ月未満の場合は、最近1ヵ月の売上高が次のいずれかと比較して5%以上減少している方

(1)
過去3ヵ月(最近1ヵ月を含みます。)の平均売上高
(2)
令和元年12月の売上高
(3)
令和元年10月から12月の平均売上高

※ウェブサイト参照

新型肺炎ウィルスの影響で
おおきく資金繰りに困った企業向けといえる

融資ですね。

制度概要

もうちょっと詳しく見ていきます

資金のお使いみち
新型コロナウイルス感染症の影響に伴う社会的要因等により必要とする設備資金および運転資金

融資限度額 6,000万円(別枠)

利率(年)
基準利率
ただし、3,000万円を限度として融資後3年目までは基準利率-0.9%(注)
4年目以降は基準利率(1.46%)

ご返済期間
設備資金 20年以内(うち据置期間5年以内)

運転資金 15年以内(うち据置期間5年以内)

担保
無担保

申し込みの流れ

一応コールセンターに聞くと
どこでもいいと言われますが

近いところがいいのではないかと
思います

(どこも激混みの様ですが)

所定の書類を郵送してしまうのが
いいと思います

そのあと面談となり、不備がなければ
入金とのこと。

とても簡単に言うと
こんな感じです。

なので1度は生活金融公庫に行く必要があります。

入金までは時間がかかりそう

2月下旬から申し込みが始まっているがまだ入金されている企業はないそうで
(要するにとても混んでいる)

その間に破綻してもしょうがないけどね。
こういうときはスピード重視だと思いますが・・

既存のローンがあっても大丈夫なの?

今回の貸し付けは保証協会は関係ありません。
そして既存の貸し付けがあっても

そこは考慮されないとのことです
(それはそれでということです)

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!