【2020年コロナ回顧録】あの時間は我々になにをもたらしたのか(6月)

1日

朝の新宿。雨のため電車


ちょっと早かったけど
ほぼいつも通り。

わかってはいたけど
こんなものか?

感染者数も増えるでしょうね。
でもそれはしょうがない。

2日

株価は上昇し、実体経済は悪いという状況。
蒸し暑く今年も『梅雨』がやってきたかんじ

3日

『東京アラート』が発動されるらしい。
特に効果はなさそうだ。

やっぱり自粛します
は難しそうだし

なかなかスムーズに元通りはない様子。

3日

巨人の選手が感染。
こういうことを方々で繰り返す

1年になるんだろうと思う。
元の戻ることはほど遠い

4日

蒸し暑い、梅雨の陽気。
予想はしていたけど

6月からV字回復は難しい

5日

今週は停滞した感じがする

6日

感染者数は20人前後
感染者は夜の街

みたいなことを言われているので
それだけ守れればなんら問題ないように思いますが・・

ちょっと神経質で過剰な防備が気になります。
『白井・具志堅ジム』の閉館

とかそういうことの方が
よほど気になります。

7日

暑さによるマスク使用の
限界が見えてきた。

いつまでこんなことさせるんだろう

8日

思ったほど簡単に回復して来ない
というのが現状だろう。やや回復基調にはあるけれど

まだなんかあるのではないかということが
常に頭にある。

それはブロックになる。

9日

本質的なところで
人の心は変わってしまったので

その新しい心境で
対応しないといけないんじゃないかと

思う
それが何だかわからないけど・・

10日

朝の暇さ、なにか打開できる方法はないだろうか?

11日

ステップ3へ前進。
そして小池都知事出馬会見

おいおい、自分のために
利用してないか

12日

世界中が『第2波』を懸念している

13日

雨続きで気分も沈む

14日

感染者50人弱。
特定されてはいるものの

2週間というのは
おおむね正しいということがわかる

6月の後半の感染者の動向は
注視です。

15日

2週間後というのは
やはり増えている。

でも普段のインフルエンザもこの程度なら
夏でもいるだろうし

許容範囲でいいのでは?

16日

院内が混んできてマスク着用だと
ほぼ呼吸困難に近い状態になる。

もうはずしてもいいよね??

18日

感染者は40人前後
色々解除になり体裁的には
元に戻ってきているので

人の動きもと
思うけど1度変わってしまったマインドは

なかなか戻らないでしょう
イベントごとも今年の夏はありません。

都道府県の移動も自由にどうぞということなので
それはそれで感染者はまた増えるとは思いますが・・

どうなることでしょう

19日

無観客試合など制限はあるものの
日常が戻りつつある

粘り強くいかないと

21日

反動もあると思うけど町が混んでいる

22日

アメリカン感染者数がまた増えてきた。
日本がこうなったらどうするんだろう?

23日

ディズニーランドが7月1日から再開だってよ

24日

動くと増える。
感染者急増中

25日

案の定本日50人超。
その成果なんだかしらないけど
どこも空いてる。

いやー想像を絶する長期戦

26日

思っと通りにV字回復
というわけにはいかないな

27日

感染者が増え出した1週間
長い長い戦いを覚悟

28日

解除後最多
の50人超

まーいいけど

29日

さらに追加の60人
10000000人の60人だけど

いい気分はしない

30日

許容範囲だと思うけど
増えています。

本日6月最終日

追記

少し落ち着いたかなと思った
6月。でもこのままではなかった

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!