象と人間の体の違いは何か?

d95ab3f4cb270289cde48e5284a3045f_s

昨日は上野動物園に行きました。
寒いせいか、夏場よりも明らかに空いていました。

いろいろな動物のコーナーには説明があります
象のところで筋肉やら内蔵やらの説明がありました

人間と象を比較すると
骨の数は人間206、象は326〜351

筋肉は人間600、象は394
鼻に関しては40000の個別な筋肉

が構成されていて柔軟性と器用さを表現している
そうです。

心臓は人間300g、象は12〜21㌔
脳は人間1200〜1600g、象は4.5〜5.5㌔

だそうです。
あの大きな体を維持するにそれ相当の重量が必要だと

いうことがよくわかります。

動物園で働く獣医さんは得意分野があるとはいえ
それぞれの動物の特性を頭に入れて

日々の診療にあたっていると思うと
頭が下がります。

しかも問診とりづらいし・・・。

かなり寒くなってきましたが風邪など引かないように
気をつけて下さい。

ウナギ

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。