保険治療だけではものたりない。だけど院長が『延長治療をすすめない』ワケとは?

190dc216b53fddc729e703ad9895848f_s

当院には核となる『保険診療』とは別に保険外治療であります『自由診療』が
選択できます。自由診療とは保険証を使わない治療なので全額実費負担となります。

さらに『鍼灸治療』という枠も最近増えました。
『鍼灸治療』についてはこちら⇒鍼灸治療値段はこんな感じ

最近では健康保険組合の種々の事情により厳しい審査となっておりまして
それを避けてか保険証を使わない治療もちらほら選択される方がいますが

やはり基本は保険診療になりますのでそれが主体です。
その保険診療でも『もう少しやってほしい』という声があります。

その場合は応えるようにしていますが
こちらからはあまりすすめません。

その理由をお話します。

長くやればそれだけ効果があるわけではない

長くやるかそうでないかの差は個人の『満足度』の差であって
治療の効果が増すわけではありません。

諸事情により通院が難しい方、遠方から来られている方なら
わかりますがマメに通院できる方は

保険診療で十分だと思います。

揉みかえしの危険性

長い時間やり慣れていない方だと
特に揉み返しの危険性が増します。

『揉み返し』とはたくさんやりすぎて
翌日に筋肉痛のような症状がでて逆に痛く

なることをいいます。

混んでいると必ずしも対応できない

ほとんどの患者さんが『保険診療』なので
ベッドの回転は早いと思います。

そこに時間軸が違うものがはいってしまうと
完全に回らなくなってしまうので

場合によってはお断りすることもあります。
だいたい対応できますが・・

一通りこのような話をしてそれでもというなら

今話したようなことをお話してそれでもという方は
もちろん対応します。やりなれている方はやはり

長い時間の方がいいということももちろん知っていますので
言われればやります。

僕自身保険治療で治すやり方を学んできています。
このやり方で症状は取れるので

安心して保険診療を受けてみてください。
それで物足りなかったりイマイチだったら

また言ってくださればいいわけですから・・。
鍼灸との併用も最近は多い傾向にありますので

その方の症状等をみて1番あったものを選択したいと
思います。

 

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。