男の子を持つお父さんは『乱暴な遊び』に備えて筋トレを必須にしよう

息子(4歳)の動きが
やたら活発になってきました。

体重が16キロある上で
いまだに抱っこやおんぶ、肩車をさせられます。

このような動きは
ひょっとすると

普段やっている
筋トレを凌駕することもあり

とてつもない負荷になっていますが
普段から体に負荷を与えることには

なれているため
おかげさまで

大事には至っていません。
そういうことも考えると

お父さんたち
筋トレは必須だと

思いますが
どうでしょうか?



デッドリフトとスクワットのおかげ

どんなに負荷がかかっても
腰の痛みが出ないのは上記の2つのトレーニングの

おかげだと思っています。
この2つ以外にも体幹部への負荷が強いので

通常ですとスクワットなら下半身
デッドリフトなら背中と効果は知れ渡っているのですが

僕の場合これらは体幹のトレーニングという
位置付けです。

『体幹の充実こそが最強の腰痛予防』
そのように思います。

腰の不安感は0

というわけなので腰の不安感は
長らく0です。

昔だったら
『ちょっと怪しいな』という瞬間はありましたが

今はそれもありません。
だからおんぶだろうが抱っこだろうが肩車だろうが

無理な注文にも答えられてしまうということも
あるんだろうと思います。

精神的損失はかなりのもの

子供の抱っこ等で痛めて来院というケースは
極めて多いです。

そこにかかる経済的・時間的損失は
かなり大きいように思います。

ならば未然に起こり得ることを想定して
準備したほうが

健康的でしょう。
息子さんを持つお父さん

自分自身もそうだったと思いますが
乱暴な遊びは楽しかった記憶があります。

お母さんにはできない醍醐味があります。
僕はその期待になるべく応えるためにも

筋トレは欠かさないように
したいと思っています。

期限があることで
いつまでもしないといけないことでもないですし・・

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。