キャリアが長くなると失っていく『初々しさ』いつまでも原点を大事に

新しいスタッフが入ってくるたびに
『自分はあのころどうだっけかな?』

そう思いますが
大抵忘れています。

『原点』『初々しさ』
いずれもとても大事なことですが

一定のところでは
必ず立ち戻る

必要があります。

わかる!使える!ホスピタリティの教科書 おもてなしの原点 [ 浦郷義郎 ]

感想(0件)

患者さんの立場に立って

患者さんがなぜ整骨院に来るのか?
そもそも論になりますが

それでさえ忘れることがあります。
それは流行っているお店に

自分自身が
行くと『はっ』とすることがあり

そこで自分も客商売をやっているという
『原点』に立ち戻ります。

なので仕事外での出来事は
僕にとっては

とても貴重な時間です。
仕事ばかりではいけませんね。

自信がないという原因

よくスタッフは
というか全人口的に

『自信がない』というお話をよく聞きます。
(自信がある人は言わないでもオーラがあります)

僕が思うに
自信っていつまでもつかないものなんじゃないかと

思うんですが
要は自信があるあると言って

『過信』
になっている人が結構巷には多くて

そうなるとけっこうたちが悪くて
最悪の場合はその過信状態が治らない

こともあるように
思います。

『謙虚』にということなのですが
だからこういうテーマをいちいち

書いているとも
言えるし、自分自身への警告にもなっているんだと

思います。

初めて治療した時の気持ち

それは僕でも今も忘れません。
仕事は慣れてくると周りも見えてくるし

いいことはたくさんありますが
いつでも

『原点』を忘れてはいけませんね。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。