『そうだ!フルマラソンにエントリーしよう』そう思ったときに適正な練習量


こんなところを走りたい

6月1日(土) 休診
2日(日) 9:00~14:00(午後は予約制)

今週は変則診療になりますので
よろしくお願いいたします。


四谷3丁目、千石院にて絶賛求人募集中です!
https://unahone.com/recruit/

ウェブサイトでエントリーも可能
http://www.unahone.net/inqfm/reservation/kyujin/

受付、治療補助の方も募集しております(時給¥1200)


秋以降のフルマラソン
エントリーが最近始まっています。

出たい気持ちも個人的にはあるのですが
現状難しい部分が多く

(減量には1番いいのですが)

基本は後方支援にまわろうと
思います。

そこで初エントリー
そこから計画立てて

練習が始まるわけですが
この導入部分なんとなくだと

痛い目に合います。
そこでフルマラソンまでの練習について

書いていきます

100~150㌔

月間で3ケタ走ることができれば
かなり当日は楽なのではないかと思います。

そこを1月で割るとだいたい
毎日3キロ走ればいいということになりますが

毎日毎日走ることは
なかなかきついし、続かないことが多い

(通勤を走るとすると飛躍的に走れますが・・)

なので週に何回かそして
週末はロングラン

こんなふうにすると
1番適度に走れると思います。

あと最近はどうかわかりませんが
ガーミンなどで

走った量を計測しておくことが
いいかなと思います。

月間目指せ3ケタ!です。

『痛くなる』という試練

そこで最初に起こる
試練は『関節の痛み』

まーランナー膝だったりするわけですが
(このタイミングでの来院が多い)

関節はダメージを追うと
それ相応の回復が必要となりますが

圧倒的に筋肉よりも
時間がかかることがあります。

なのでこのタイミングで
休息を取ることも大事ですが

慣れていくことも大事
そのまま痛くても走り続けなさい

とは言えませんが
ある程度ランニング筋肉・関節を作っていくことも大事です。

女子1人でも大丈夫。初めての皇居ラン。パーフェクトガイド

最重要期間は夏

そしてある程度軌道に乗ってきて
最初のヤマは『夏』

暑くて極端練習量が減ることが
あります。

なのでここで普段の練習量走り切れば
あとはかなり楽ですし

当日も景色を楽しんで走るなど
楽しいレースになること間違いなし。

そうは言うのですが
夏場の練習はかなり過酷です。

朝や夜にする工夫は必要ですね。

熱中症になんてなるわけない!と思って行った『猛暑の皇居ラン』驚きの結果に


去年人体実験しました、かなり過酷です

十分な準備をしてのぞもう

いずれにせよ
十分な準備をする必要があります。

なるべくルーティンにして
本番(まだ先ですが)のぞみましょう。

練習方法などの相談も
気軽にしてください。

お待ちしております。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!