なぜハイヒールはいけないのか?

『おしゃれは我慢』という格言があります。
女性にとって美しく見せるのはかかせない

ハイヒールですが、体にとっては何が悪いのでしょうか
見て行きましょう。
強制的に前傾姿勢を助長している

ハイヒールを履いた状態というのは
=膝関節と股関節を曲げた状態

ということを持続しています。
その状態でバランスを取ることを

人間の体はしようとするのですが
どこでバランスを取るか?ということですが

まずはふとももの筋肉。
この筋肉に持続的に力を入れ続けて

ハイヒールを履いた状態を維持します。
それと骨盤。下半身の筋肉は骨盤から

始まるものが多く膝関節と股関節を曲げた状態
を維持するのに骨盤の傾斜を変えて対応します。

ですから骨盤のズレも助長する事になります。
まとめますと

  • 太ももの筋肉にかかる負担が尋常じゃない
  • 骨盤の傾斜が変わり結局ズレる

ということになります。
ふくらはぎの筋肉が常に緊張状態

みなさんもやってみてください。
つま先立ちをするとどこがつらくなってきますか?

おそらくふくらはぎがプルプルしてくると思われます。
カンタンに言ってしまうと、これがハイヒールを履いた

状態です。(履いた時の負担はヒールがあるので
つま先立ちの時よりも軽いですが・・・)

ふくらはぎの筋肉だけ過度な負担を強いると
足がつることもよくあります。
外反母趾を促進させる

個人差はありますがハイヒールは先が細くなっているので
足の指から先が靴の形状に反映されます

ですから、親指が曲がり外反母趾へと移行していきます。
外反母趾も症状ひどいと手術の可能性もありますからね

油断はできません。
まとめ

ハイヒールを履くことでどのようなデメリットがあるか駆け足で
お話してきました。仕事上履かない訳には行かない人たちが多数

だとは思いますが、これもやはり外反母趾などの症状がでてくるとけっこうやっかいなのでそうならないように工夫して下さい
(当院では外反母趾はテーピング等で矯正していきます)

例えば、本当に履かないとまずいとこだけ履く。
スニーカーと2足持ちで移動とか。

ご自分でもできることは細かく言えばあると思いますので
一工夫してみてはいかがでしょうか?


 

猫背・骨盤のズレ・肩こり・腰痛・マラソンでの痛みから
交通事故治療まで
整体・マッサージもしています。

神楽坂の健康を地下から支えるウナギ整骨院
www.unahone.net @unahone

ウナギの稚魚はいませんか?

 

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。