筋トレとか今日はやりたくないな、という時はないの?という質問があって・・

患者さんとの話で
上記タイトルのようなことを聞かれました。

ハッとしましたが
みなさんも継続していること

『今日はなんとなく気分が乗らないな』
ということは日常茶飯事にあると思います。

筋トレに関してですが
『やりたくないな』ということはありません。

そういう気持ちはいつの間にか
なくなりました。

詳しく話していきます。

【3/4 20:00スタート★楽天スーパーSALE】《ポイント10倍!3/31まで》1860ホームジム[impulse/インパルス][Slim Fit スリムフィット]ジム スタジオ プロ 本格的 トレーニングマシン フィットネス

価格:254,000円
(2021/3/5 05:01時点)
感想(0件)

やりたくない日もないしやりたい日はもない

ということに尽きます。正直20代の頃はなにかに理由をつけて
サボっていた時期もありましたが

今の今は行かない理由を探してサボるようなことは
なくなりました。

かといって『行きたい!』と
意欲的な日もありません。

目の前にトレーニングするところがあるから
行く、そんな感じです。

そういった意味では超越しているのかもしれません。
『衣食住筋トレ』こんな感じなので

そこに思考が及ぶことがない状態です。

モチベーションという言葉はなんとなく違和感がある

『モチベーション』とよく言われますが
あんまり好きではない言葉ですし

使いたくもありません。
僕に起こるすべての事は

モチベーションで左右されることはありません。
仕事はプロがやっているので

モチベーションがどうとか考えることもなく
淡々とやる、感情は入りません。

筋トレも同じ。
何でも感情に左右されると

やはり好不調の波が大きくなりますので
冷静さを失います。

極端な話
『喜怒哀楽』の『怒』はいらないんじゃないかと

思います。
モチベーションを考えると確実に波が存在しますので

この言葉使いません。

とてもつらかった去年の緊急事態宣言

そんなですが去年の緊急事態宣言時にはジムも
閉鎖し、八方塞がりでした。

もう東京ではジムで筋トレができない、最後の砦『エニタイムフィットネス』休館


(閉鎖の一報の瞬間は今でも覚えています)

一応走っていましたが
いつもの感じにはとても程遠く

流石に心折れかけました。
今考えてもある意味いい経験だったと思います。

という経験もありつつ
今日はやりたくないということは

まずありません。
逆に言うとそこまで落とし込めれば

もう怖いものはありません。
(そこまでやる必要があるのかという話もありますが)

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。