長時間の運転、腰を痛くしない方法とは?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夏休みで車を運転する機会が多かったのですが
どうしても長い時間になればなるほど

腰痛の発生頻度は格段に上がります。
その腰痛を起こさない方法、回避方法を考えてみました。

車内収納 リュタタン ドライブポケット & トレー DECOLE デコレ 送料無料 (北海道・沖縄は送料500円)ベビー シートポケット 収納ポケット 便利グッズ トレイ テーブル 【あす楽対応】532P14Aug16

感想(268件)

休憩を必ず取った際はストレッチ

どなたでも連長時間運転は避けなければならないのでパーキングエリアで休憩を取ります。
その際はトイレ休憩だけでなく軽く腰回りのストレッチを入れましょう。

ライトなラジオ体操とでもいいましょうか?
これだけで全然違います。

それと注意すべきは降車時。
ここで炒めることが非常に多いのでまずは両足を出してから

念のため車内のてすりなども掴んで
おりましょう。

運転時はバスタオルを背中に置こう

車のシートはソファなどと同じで
腰が沈むようになっています。

これが腰に全体重がかかってしまい痛める原因となってしまいます。
ですから全体重がかからないようにできればいいので

そこでバスタオルの登場です。
これを丸めてちょうど骨盤の上くらいにおきます。

タオル

こんな感じです。
少し前のめりになる感じですかね。

これだけだいぶ違いますよ。
このことからもわかるようにやはり

背骨の湾曲やズレなんですよね。
運転の間にズレてきてしまうんだと思います。

ここまでやっておかないと
骨盤や背骨はすぐにずれてしまうということです。


【おっと!もうひとつ】

今週は水曜スタートなので
1週間が早く終わりそうですね。

 

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!