とんでもないミスをしたら・・・・怒るのではなく次にいかそう

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s

人間はミスをする生き物です。
ミスを許容できる環境、文化にしましょう。

なぜ、「怒る」のをやめられないのか [ 片田珠美 ]

感想(1件)

1回ミスしたら最後という社会ではチャレンジできない

最近の風潮にもありますが、どうもミスが許容されない
息苦しい社会の風潮のような気がします。

先日の舛添さんの件、1回謝ったんだから
またチャンスを与えても良かった気もしますが

不特定多数の世論がそうはさせません。
許せない人は全くミスしないのかな、なんて思ってしまいますけど

治療家はどんどんミスした方が良い

治療上の失敗というものはもちろん
あります。要は治療前より痛くなってしまったというケースですが

失敗が許容される先生についているのであれば
先生の裁量でどうとでもなるでしょう。

そうやって大きくなっていくものです。
むしろ患者さんのことを治そうと思って

懸命なチャレンジをしたのならそれは称賛されるべきでしょう。
いずれにせよ過程が大事です。

今の若い子たちがすごくいい子で能力は高い
だけど果敢なチャレンジをしない

というのは日本全体が失敗を許容できない社会に
なっているからだと思います。

もっともっと若い子の挑戦は応援すべきだと心から思います。
もちろん負荷をかけすぎてパンクしてしまうようなのはだめですけどね。


【おっと!もうひとつ】

梅雨になってから診断名のつかない
カラダの不具合が急増しています。

【今日の体重】

計測忘れ

 

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。