首をボキボキ自分で鳴らしているあなたへ

ついつい鳴らした後気持ちいいからと言って
ボキボキ鳴らしている人はいませんか?

おそらく鳴らすのに慣れてくると
もっともっとで

首を激しく回転させて鳴らしている人が
いたりします。

このときに手のほうまでしびれがビリッと
きた経験のある方は要注意ですよ。

これは回転させたときに骨の一部分が
神経に触れてしまっていて

そのせいで指先まで一時的にしびれます

関節というのは全て『関節包』(かんせつほう)
という袋状のもので覆われていて

ここに空気が溜まるようになっています
(なので潤滑な関節運動が可能)

この空気が割れる音、これがボキッと
鳴る音だと言われています。
(指を鳴らすのも同じです)

鳴ってしまえば溜まった空気が拡散して
内圧も下がりますので

一時的に血行が改善して楽になります
一時的にですよ、一時的に

鳴らす癖のある人はこれを繰り返します。

当院でも矯正の治療をやるときがあり
鳴らすことはありますが、鳴らすことが

目的ではないので少々意図するところが
違います。

そして、筋肉を充分に緩めてからやりますので
かなり安全な状況を作ってから矯正します

そしてソフトでマイルドな矯正を心がけています。

ボキボキ癖のある人は昼夜問わずいきなりやります
からね、あれかなり危険です。

当院でちゃんと矯正するとその後鳴らそうと思っても
ならなくなり、楽になっていくケースが多いようです

しばらく矯正する必要はありますよ、もちろん。
鳴らなくなるのだから鳴らすようなことはしなくなります。

鳴ると気持ちいいというのはわかりますが
充分に気をつける必要があると思います。

鳴らしている人ぜひご相談下さい。


 

猫背・骨盤のズレ・肩こり・腰痛・マラソンでの痛みから
交通事故治療まで
整体・マッサージもしています。

神楽坂の健康を地下から支えるウナギ整骨院
www.unahone.net @unahone

ウナギの稚魚はいませんか?

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください