高齢者の骨格矯正はやっていいのか?

矯正をして姿勢を正して
ということを仕事としてやっていますが

お年をめした方はどうしているのか?
ということを聞かれることがあります。

お答えします。

こんなものあるんだ

あまり反応が良くない

年齢的な骨の変化があるので
矯正をしても反応が良くないことがけっこうあるので
(可動域もかなり限られる)

その方の筋肉の付き具合や性格なども含めてですが
積極的にはやっていません。

むしろたっぷり話を聞く
みたいなことのほうが重要です。

身体は少しずつ壊れていきます
それが『老化』ですから。

逆に痛くなってしまうことがある

若かりし頃、矯正をして返って痛めてしまうことがありました。
そういうのもあってか、骨よりも筋肉をメインに置くようにしています。

骨がどのようになっていくかは
説明しますけどね。

(繰り返し繰り返し何度も説明することが重要)

筋肉を重視する

といった具合なので
高齢者は筋肉の状態に対してアプローチすることを

念頭に置いています。
その上で同意が取れてどうしてもやって欲しいということなら

やりますが高齢者の骨格矯正は基本あまりお勧めはしていません。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。