神楽坂ウナギ整骨院の『予約診療』『外来診療』それぞれのメリット・デメリットを解説します



最近の動向ですが
土曜日の15時からやっている

予約診療
予約が取れない状況に

なりつつあります。
よく電話で

『予約したいのですが』という
お電話を頂きますが

その電話で
予約が取れるのは

土曜の午後のみで
あとは好きな時間でいいというお話をします

このブログを見たら
おおよそ当院の来院形式が

把握できるように
今日は書いていきたいと

思います。
(需要あるかな)

外来診療

言うまでもなく
診療時間(9:00~20:00)土曜(9:00~14:00)

の間で好きな時間に来て良いというスタイルです。
一般的な来院方法かなと思います。

メリット

時間に縛られず診療時間内であれば
好きな時間に来て良いので予定が立てやすいという反面

混んでいると予定通りに行かないことが
あります。

とにかく待ちたくない人(僕です(笑))
には向かない方法かと思います。

基本保険診療なので
治療も全部で30分くらいで

終わります。
長めにやったりオプションも出来ないこともないですが

患者さんの時間の軸が違うので
原則保険診療内でお願いしています。

1回の治療の濃さというよりも
回数で治すというやり方です。

デメリット

もっとボリュームが欲しいという方には
物足りないかもしれませんね

メンテンナンスや予防でいらっしゃっている方は
特にその傾向です。

あと先ほども言いましたが
『混雑』ですね

混雑があってもうまく回すのが
我々の技術ですけどね。

予約診療

一方で予約診療ですが
時間がかなり限定的です。

土曜日や祭日の午後3時から6時までになっています。
かなり限定的で

予約は今現段階でも
取りづらい状況になっています。

メリット

『待ち時間』がないことです。
ある程度この予約をリズムにしてしまえば

心地いいことも確か。
大体次の週も予約を取られるので

結果空きが出ない
という状況になります。

(あまり予約したい人がいたら対策は考えます)

治療内容もある程度幅をもたせることができるので
1時間やる方もいるし

保険診療の予約も
とれるのですが

だいたいロングでやる方が多いですね。
こちらは1回で結果を出す

という形ですね
1週間持つ治療をと考えています。

デメリット

時間に縛られます
(そのくらいのもんか)

ますは外来でしっかり治して

おすすめは先ずは保険診療で
しっかりいまある症状を取り

その上で
予約に移行していくのが

いいかと思います。
症状を取るものと維持管理していくものと

わけたほうがいいかとおもいます。
こんなところですかね。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!