腰痛治療に適しているのは『整骨院』か『整形外科』か

あなたは腰が痛くなったら
『整形外科』ですか『整骨院』ですか?

今日はその答えについて
客観的に答えていきます。

後悔しない超選択術

精密検査は病院のみ

レントゲン・MRI・CTなど各種検査が
出来るのが病院。

あなたは『〇〇病』の疑いがあります。
と診断が出るのも病院です。

人間なんでこんなに痛いのか
わかっただけでも安心するものです。

病名をつけてもらうことは
まずやるべきことだと思います。

ちなみに整骨院で行う検査は
視診や問診など原始的な検査方法が主となります。

(一部エコーを使っているところもありますが・・)

触ったり診たりすることは大事なことなので
僕らはそれを強みとしてある程度診たてを判断します。

何もしならない患者さんやいつも当院に第一に来てくれる
患者さんでも僕らの守備範囲外のものは速やかに

医療機関に転院を促します。
それも仕事の1つです。

昔帯状疱疹の患者さんがいて
患者さん自身はわからないので

これは帯状疱疹だということをお話して
皮膚科に紹介したこともありました。

いろいろな病態が本当にあります。

整骨院の強み

手で治す治療なのでまず『副作用』がありません。
あくまでも人それぞれが持つ『自然治癒力』を最大限に引き出すこと

にあります。
それと患者さんとの距離が近く的近いので

治療が深いと思います。
患者さんの生活習慣や趣味趣向こういったものまで

含めて情報を仕入れ
治療に役立てます。

なのでいろいろな健康の提案も
個々に合わせてできるのが強みです。

これは莫大に患者さんの数が多い
整形外科ではおそらくできないことだと

思います。

整形外科の強み

整形外科は診断のみならず治療の選択肢が
広いことですね。

投薬・注射・物理療法・手術
整骨院は全くかないません(笑)

費用は?

費用負担は薬や治療の選択肢が多い分
整形外科のほうが高いように思います。

整骨院も整形外科も保険適応です。

診断はもらって整骨院に来ることが多い

結局のところどちらが適しているではなくて
患者さんの動きをみていると

ある程度の痛みを超えるものは
まず『整形外科』

そこで確定診断を受けてから
我々の様なところに来る

というのが多くの方の流れに
なっています。

当院の場合でも
患者さんの理解を深めるためには

まず診断を取ってくださるように
おすすめします。

その流れが間違いないと
思います。

メンテナンスや予防

なので当院のめざすところは
どちらかというと、再発防止やメンテナンス

腰痛で2度と病院に行かないように
するにはどうしたらいいか

実践し、患者さんに啓蒙しています。
それが矯正であったりコアトレであったりします。

いわば根本治療を目指していると
いうことです。

結局はどこで治したか?

一応そういった病院からの流れが
多いのですが

最初に整骨院に来て
治ればその後も治ったら来てくれます。

診断どうのこうのは
ありますが

治ってしまえばそれが
全て

1番はそれなんじゃないかな?
何よりもなにかあったらとりあえず

何とかしてくれる医療機関を
1つ作りましょう。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。