『小児救急』鈴木敦秋 講談社文庫 小児科不足は地方だけの話ではない。根が深い医療問題

小児救急

もう6年以上前の話が本には書かれている。
『小児救急』が今現在、書かれている事件を得て

どのような変化をしてきているかは
わからない。

別著では東京女子医大で起こった医療事故
『明香ちゃんの心臓』この事件が2001年

そして去年、女子医大では
頸部リンパ管腫の摘出手術を受けた2歳男児が

3日後の2月21日に急性循環不全で
死亡するという事件が起きており

体質は何も変わっていないという見方も
できる。小児科をめぐる問題の根は深いものだと

痛感する。

医療機関が充実した東京では起こりづらい、というのは誤解

この本を読む前に、医療機関の充実している東京の
話はでてこないだろうと思ったけど

そんなことはなかった。
第三章『誤診と引き継ぎミス』で葛飾区の話がでている。

日本全国どこの病院でも起こり得ることなのだと
認識が変わった。

読んでいくうちに医療問題がわんさかでてくる

医療費の高騰、小児科・産婦人科医の不足、病院経営、国民皆保険・・
医療を取り巻く問題は、一人の厚生労働大臣では対応しきれないくらいの

問題が山積みされている。
前に現東京都知事である舛添さんがそんなこと言っていたのを

思い出した。

ボリュームがある1冊ですがとても読みやすいです。

厚みがある文庫なのでなかなか難解ではないかと
ひるんでしまいますが、そんなことはなくどんどん読み進むことが

できました。
秋の読書にぴったりの一冊です。

 

 

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!