フルマラソンを走った次の日の朝にすること②

前回は次の日が休めるという極めて恵まれた
人たちの話でしたが今回は

フルマラソン後、次の日から仕事の人が
やっておくべき段取りを考えて行きましょう。

これまでのあらすじはこちら↓
フルマラソンを走った次の日の朝にすること①

 

2次の日から仕事の人

僕なんかも数回フルマラソン出ている中で
全て、次の日仕事という状況で走ってきました。

その経験からもお話しできたらと思います。
次の日の最悪な筋肉痛をふせぐためにやっておいたほうが

良いことはまずレース終了後銭湯等に直行して
よく体を暖めることです。

それだけで予後は全然違います。
その後マッサージ・整体ができれば文句ないですが

なかなかそういう状況を作れる人は少ないかもしれません。
っで問題の次の日の朝ですが

起きた時に、思い切って立ち上がっちゃいましょう。
まずふくらはぎを伸ばしてみて下さい。

もちろんゆっくりですよ、ゆっくり。
でもここまで出来ない人けっこういると思います。

そういう人はもう少し根気強くやってみて下さい。
時間をかければ可動域が少し戻ってくるはずです。

そんなこんなでふくらはぎを伸ばしているだけですが
通勤時間の頃には体もある程度暖まってくると思うので

少し違うはずです。ふくらはぎにフォーカスして
疲労を取ってみて下さい


 

猫背・骨盤のズレ・肩こり・腰痛・マラソンでの痛みから
交通事故治療まで
整体・マッサージもしています。

神楽坂の健康を地下から支えるウナギ整骨院
www.unahone.net @unahone

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください