【ウナギ感想文】『火花』に押され、話題にならなかった羽田圭介『スクラップ・アンド・ビルド』読み応えありましたー

IMG_1048

 

『火花』一辺倒で終わった第153回芥川賞でしたが
みんなが読んでいるとどうしても根っからの天邪鬼。

もう一方の作品がどうしても気になります。
と言いながらも『火花』はしっかり読んでいる。

【ウナギ感想文】芥川賞受賞作品・又吉直樹『火花』話題先行と言われていましたが面白い1冊でした。

 

日常の普遍を落とし込む

主人公のおじいさんの介護にまつわる
いろいろな日常を捉えた作品なのですが

家族で介護する大変さが
孫の立場などを通すと面白く

伝わり、早く死んでほしいと
ひどいこと言っているんですが

それが変な空気感で読み手に
伝わるんですよね。

そこが読んでいくごとに引き込まれて
いくのを手伝っているのかなと

思いました。
昔は家族が多くそれほど長生きでは

なかったので『介護』という言葉も
なかったし『介護疲れ』ということも

ありませんでしたが
今は大家族がなくなりみな長命なので

どんどん『介護時代』び向かっています。
そういうことも暗示している感じはありました。

1~2時間電車などの移動で気軽に読めてしまう
そんなライトな本なので

オススメです。
もちろん『ウナギ文庫』にもありますよ。

 

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!