肩がこっているんだけど、鎖骨のほうが痛い。。関係あるの??

胸骨と鎖骨のつなぎ目
これを『胸鎖関節』と言いますが

(矢印左側です)

よく肩が凝る方であまりにもコリすぎると
この胸鎖関節まで波及することがあります。

だいたいそういう方は初診時に胸が痛いと
来院するので、胸骨付近ばかりに目がいきがち

になりますが、よくよく問診をとると
この痛みの背景にかなりハードな肩こりが

隠れたりすることがあります。
内科的疾患という条件を除外すれば
(リウマチや掌蹠膿疱症という病気が原因となることがある)

このハードな硬さを保った肩周辺の筋肉を緩めることで
この前方の胸の痛みは驚くほど、とれます。

肩こりはもう基本なので・・・ということで
けっこうあきらめていませんか?

あきらめていると今回のブログのように
あらぬところに症状が波及することがあります。

あきらめるのも1つの選択肢かもしれませんが
どうせなら現在存在する治療を全てやりきってから

あきらめてはどうでしょうか?
本当にちょっとしたきっかけで症状はよくなること

多々あります。
それと自己判断。

体のことは餅は餅屋。
痛くなってから湿布で様子を見たりすること

よくあると思いますが、その時間は全て無駄ですので
早めの医療機関の受診をおすすめします。

痛くなりそうな時の受診がベストかもしれません。


 

猫背・骨盤のズレ・肩こり・腰痛・マラソンでの痛みから
交通事故治療まで
整体・マッサージもしています。

神楽坂の健康を地下から支えるウナギ整骨院
www.unahone.net @unahone

ウナギの稚魚はいませんか?

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください