ぎっくり腰のこと散々話しておきながら、自分がなった時の話(いろいろ試してみました) ①

①まずはレントゲン:整形外科1

骨に異常がないのはわかっていましたが あまりにも痛みが強いので整形外科に 行って見ました。
当然レントゲンを撮ります。

そしてそれを診ながら 見立てを聞きました。
先生曰く 『腰椎が潰れている』 (えっ!潰れているの?)

『割に普段 腰が痛くないのはトレーニングをして 筋力があるからでしょう。すごいと 思います。』
(当時まだ筋トレしていて筋肉は あったと思います)

レントゲンを撮る前にも筋力低下等 チェックもしっかりされていたので
とても丁寧なクリニックでした。 そして、電気をかけて終了。
(電気って意外に気持ちいいですね)

診断の詳細は何もいわれませんでした。
痛み止め(ロキソニン)が処方されていました。

肝心な痛みなんですが、変わりませんよね当然。
このクリニック、待ち合い室に 『患者様の声』を置く等して 細かいところですが

すごく工夫されているクリニックでした。
かなり痛い状況でしたが そういうチェックはもう反射的にしてしまいます。

さてさて、このぎっくり腰どうなることやら??

②に続きます。


  猫背・骨盤のズレ・肩こり・腰痛・マラソンでの痛みから 交通事故治療まで 整体・マッサージもしています。 神楽坂の健康を地下から支えるウナギ整骨院 www.unahone.net @unahone

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。