スタッフに技術を伝えるのはかぎなくシンプルに。カリスマ化、古風な指導方法は即刻やめよう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲もうすぐ始まりますよ。27日~

何か人に伝えようと思ったとき
うまくやるには、内容を極限までシンプルにして簡単にすることがベストだと思います。

達人と言われる先生方たちは
どうも自分の技術は相当高いのでしょうけど

それを他者に伝えることは苦手なようで
(一見するとわざと教えないでパワハラをしているようにも思えます。

スタッフたちは技術の習得を夢見て現場に入ったのはいいものの
志半ばで離反していく人も多いようです。

技術を伝えることについて考えてみました。

玉すだれ(単品)

感想(10件)

自然分娩と無痛分娩

もうすぐ子供が生まれるのですが、今回は『無痛分娩』を選択しました。
海外ではわりと主流と言いますし、なにせ痛いのは嫌!という選択もうなずけます。

携わる方のドクターだって出産する時間をコントロールできるわけだし
ただでさえ一般診療で忙しいドクターたちにはとてもいい制度だと思います。

こういった産婦人科でもやはり医療技術の伝達、というのは必須になると
思うのですがやる側もシンプルに簡単に妊婦さんの負担も軽減できれば

言うことはないでしょう。麻酔をかけてなるべくシンプルに出産した方が
携わる方だってミスは少ないでしょうし、学びやすいはずです。

そういうものを年配の先生がカリスマ化するのが1番良くないことだと思います。
再現性が低くなりますし。

骨折の整復だって

けがを治すのは我々の本業にはなるのですが
折れた骨を元通りに戻すのは『整復』と言い

我々柔道整復師の見せ場でもあります。
ただ実際の現場を見てきている人間にとっては

無麻酔で整復するのはとても痛そうだし
第一患者さんにとってタメになりません。

修業時代、整形外科で整復してきた患者さんを
『麻酔かけてるんだから楽だよ』とよくdisっていた人が

いましたが、修業時代の僕は
『痛くない方がいいに決まっている、それは柔道整復師の自己満足』

と心の中で思っていました。
(もちろん口にだしては言えませんよ、この徒弟制度で)

技術に酔ってはいけません、自己満足ですからそれは結局。

アライ式骨格矯正法

技術をスタッフに容易に落とし込むことに長けている治療法がこの
『アライ式骨格矯正法』です。

上記に上げたような技術のカリスマ化、見て覚えろ!なんていう古風な指導法・・・
そういったものをすべて排除し、技術はわかりやすく再現性も高い・・・

言ってみるといいことずくめの治療法がこれなんですが
(名古屋まで行った価値は十二分にありました)

当院スタッフも学び始めて3か月ほどたちますが
今は彼の骨格矯正を求めて患者さんがたくさん来ます。

そうなってくると治療家は自信をつけ嬉しいものです。
治療家も技術が上がり、患者さんも納得して帰る、という

好循環が生まれます。
もちろん患者さんは増えます。

驚きの治療法なのですが
今はこれをメインで当院もやっています。

技術の伝承は難しいことではなりますが
一方でシンプルに簡単に落とし込んでうまく伝えているところも

実際存在します。
伝えようと思ったらかぎりなくシンプルに!

これは鉄則ではないかと思います。
小難しくしていいことは全くないことを自覚すべきです。


【おっと!もうひとつ】

時短をモットーにやっている筋トレですが
少し見直しました、さほど変わらないとは思いますが・・。

【今日の体重】

73.2

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。