【学生スポーツ】観客入れたり、中止にしたりこの差は何?そして医療崩壊は始まっている

去年の甲子園は中止になりました。
その時の感染者数は

今の3分の1くらいだったと思います。
っで直近の学生スポーツ。

高校サッカー、高校ラグビー、
大学ラグビーに至っては

観客ありです。
それらは野球より身体接触が多いので

感染リスクは野球より断然高いはず。
各団体基準なのでそれぞれになるでしょうか?

それらを受けてか知りませんが
今年の選抜はフルにやるようです。

春高バレー女子代表でクラスター 新型コロナ
バレーボールではクラスターが発生しているようです。

生命科学のためのウイルス学 感染と宿主応答のしくみ,医療への応用 [ デーヴィド・R.ハーパー ]

感想(0件)


感染症対策はもちろんですが、敵を知ることが大事。

みんな個人間での最大の感染症対策

 
おそらくこういったチームスポーツ、企業。様々な
団体はこれ以上ないくらい考えられる

感染症対策をしているはずです。
でもかかってしまう。

もうこれは『運』じゃないかというくらい
気の毒ですが

実際のところそのような結果が出ています。
これをすればならない

ということはなさそうです。
だから家から出るな、というのが最もな対策になるんでしょうね。

いまさらながら痛感します。
ただこれは個人間ではかなり認識の差があり

一元化できません。
(それが仇となって今の東京の有様です)

なので都知事がお願いしたところで
どうにもならないというのが現状です。

効果のないものはデータを出して除去

 
何とは言いませんが、コロナ禍になってやっている
感染症対策も個々にそれぞれ数字的なデータを出して

効果が期待できないものはどんどん削除すべきではないかと
思います。

それによりサービス業など割りを食っていること
多数ありますしね。

軽んじてはならない

 
コロナ以外に怖いなーと思ったシーンが
youtubeで見れたんですが

有名な筋肉系youtuberの
サイヤマンさんがどうもコロナに感染したようで

その様子を詳細に語っています。
罹った方の話は大事だと思います。

https://www.youtube.com/channel/UCCJel9mmTsxDU9RiCwdiLiA/videos

詳しく症状など語ってくれています。
どうも全く食べ物の味がしなくなるようですね。

彼のような有名な方は徹底的に
感染症対策をしていたようなので

それでも罹ってしまう例だと思いました
印象ですが

これまでのよく罹っていたインフルエンザとは
症状が違う印象をうけました。

医療崩壊は始まっている

 
医師会は少し盛っているんじゃないかと
思いましたが、そんなことはないようです。

僕の周りに入ってくる情報としても
従来だったら入院が必要なものも

1日で帰らされた。
健康診断など急を要さないものは原則延期

など神楽坂界隈の大きい病院でも
そのような判断をして診療しているようです。

今まですぐにかかれることが
最大の強みだった日本の医療機関も

ちょっと大変な状況に
なっているようです。

行動制限がなにより

 
なので原始的ですが
小説ペストにもあったように

ペスト(新潮文庫)【電子書籍】[ カミュ ]

価格:825円
(2021/1/18 05:33時点)
感想(4件)

国管理でできない我が国の事情により
個人的にロックダウンしかないのだなと

思いました。
まだまだ困難は続きますよ。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。