お盆中は健康メンテ!!整骨院に行くのに必要なたった1つのもの

DSC_1401

↑当院の一部分。全く整骨院ぽくないでしょ?

日本中がお休みに入るこの『お盆』ですが
(正確には木曜から)

神楽坂もボチボチお店が休みに入っている
状況です。

当院は若干空いていますが
(特に夜、会社帰りの人が少ない)

整骨院を『整体院』と勘違いして
来院する方が多いです。

名将もややこしいところはありますが
整骨院に行くのに、たった1つ

必要なものがあります
それは何でしょうか?

あいづちを打つなんて失礼な話。フランス人との会話で感じたコミュニケーションの違い

 

 

それは保険証です

行き慣れた人にとっては何だ今更と
言われてしまうようなカンタンな

拍子抜けしてしまうようなことですが
まだ来たことない人、これから来ようと

している人にとっては貴重な情報だと
思ったのであえて提起しました。

整骨院が保険が効きます。

 

『髪切った?』と聞かれて何と答えるか?サービスを充実させる一工夫

保険が効く、国家資格保持者が治療しているということ

保険が効く、ということは所定のカリキュラムを受けて国家試験をパスし
国家資格を保持している資格者が治療にあたっている、ということの

証明にもなります。
我々の資格『柔道整復師』は保険診療ができるという

最大の特徴と言っても過言でない
メリットがあります。

 

『自分で出来ること何かありますか?』と聞かれて、やったほうが良いたった1つのこと

傷害保険の申請、労災、交通事故、・・

保険診療以外にも交通事故の治療(自賠責保険)
労災保険、傷害保険の申請の書類・・

いろいろとできることが実はあるんです。
その辺のこと最後まで知っている人は少ないのではないでしょうか?

 

松坂大輔『自信から確信に変わりました』そんなこと本当にあるのだろうか?

みんなの根底にある『治れば別になんだっていいんじゃない?』

これだけ人のカラダを治す仕事が乱立している1つの原因に
上記のような一般的な人の考え方があると思います。

たしかに治ればなんでもいい?ということはあると思います。
しかしそれは一歩でモラルの崩壊が進みます。

行く方の心理として
治療をしている人は何らかの資格を保持して

治療にあたっている、と前提で考えている人も
もちろんいますので、その信頼を裏切るようなことは

してはいけないと思います。
もちろん当院は全員国家資格を保持していますよ。

 

資格まわりの話はこれからもくどいようですが、し続けます

自分の資格を知ってもらうということは
仕事の一部だと思っていますので

これからも啓蒙のためにちょいちょいお話していきます。


 

【おっと!もうひとつ】

applemusicの洋楽のラインナップは
完ぺきですね、BGM系もかなり充実しています。

でも邦楽が弱いのはどうしてなのでしょうか?

 

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!