国試を迎える柔整学生へ。時間をうまく使う方法


去年就職相談会に行った専門学校

妻の実家が雪の懸念があったため
1日早く帰りました。

そうすると
1.5日くらいまるまる一人という

時間が出来て
さて何しようかなと

なるのですが
全部の時間何にも制約がない自由な時間となると

人間かなり怠けて
予定していたことがほぼできず

終了となります
(普段しない昼寝なんてしてしまいました)

それはそれでいい時間でもあるのですが
なにか物事を成就させようと思ったら

かなり制約があった中のほうが結果的に
効率化され

いろいろなものがはかどります。
柔整の3年生はもうすぐ国試

この局面で
よく遭遇するのは

『働くのを一時ストップすること』
大抵の学生はそうすると思うのですが

働きながらの方が
絶対にいい結果が出ると思います。

寝ると食べる以外は勉強

東大を受けるわけではないので
(それほど難易度の高いものではない)

寝ると食べる以外は国試対策
なんてことにする必要はないと思います。

だからこそ日常は崩さないようにして
当日まで持っていけるようにするべきです。

時間の使い方がうまくなる

制約のある中だと
時間管理が飛躍的に上がります。

これは大きいと思います。
ある程度やることがある中で

しなければならないことの
優先順位をつけて

1日を過ごす。
そうすると時間を無駄にすることが少なくなるし

集中力も上がります。
僕のブログも1日のタスクに入っていますが

昨日の更新は夕方
自由な時間が多いことの弊害で

のんびりしていたら夕方になってしまいました
こういうときの後悔は尋常じゃありません。

稼ぎがなくても大丈夫なの?

学生のうちは仕送りなどもあって
勉強に専念できる方も多いのかなとも

思いますが
どういう状況でも働いておくことが

リスクヘッジになりますし
ある意味では

気分転換にもなります。
勉強を1日中していると

発狂したくなるタイプなので
余計そう思うのですが

やはり勉強の他に何か
したほうが(運動でもいいし)

いいのではないかと
思います。

ここからが頑張りどころ

3月に国試を受けるみなさんは
ここからが踏ん張りどころ。

早めに準備をして当日は
余裕をもって臨みたいものです。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!