長袖着用が基本になる時期、それは乾燥や寒さもそうですが腰痛も多発する季節です。

ce24efc38fba024b12b5182f03536717_s

1週間ごとに寒さが増す、そんな時期に入りました。
長袖は必須だし、昨日ウチでは『初鍋』でした。

そういう時期に入ってくると
筋肉も温まりづらくなるので

痛みが出ることも増えます。
明らかに夏より発症頻度は高いでしょう。

そんな腰痛寒さ対策
挙げていこうと思います。

不安感のある腰痛はコルセットを

もちろん程度にもよりますが『コルセット』を使うこと
考えてもいいと思います。

ただし日中活動時間だけなど、時間限定です。
1日中し続けると依存ではないですがとりづらくなります。

コルセットとサポーターの違い

骨盤ベルトとコルセットは違いますよー

とりあえず手元にないという場合は

コルセットが100円で買える時代ですが・・

100円ショップにもあります。
(ゴム臭がきつかったりしますが・・)

普通に使えます。

ホッカイロを有効に

冷え性の方が多いので常に温めておく必要が
あります。腰の部分は重点的に温めるようにしましょう。
(低温やけどに注意)

カイロと腹巻きをうまく使う

上記の投稿でも書きましたが
腹巻きも有効だと思います。

おなか周りを冷やさないので・・。

お風呂は湯船につかりましょう

これは意外と冬でもシャワーにしている人が
いますが、運動をまったくしない人にとっては

汗をかく機会はグッと減ります。
そうなってくると、お風呂くらいしか汗をかく

時間は思い浮かびません。
僕のような乾燥肌で肌の弱い人間も

お風呂・シャワーを複数回入るのは
良い影響があるようです。

例えば湯船で本を読んだり

音楽。ラジオを聞くまたはテレビを見るのも良いし

なんと録画もできます。
のぼせるな、これがあると。

風呂上がりのストレッチ

お風呂で緩んだ筋肉はストレッチでさらに
重点的に伸ばすといいと思います。

これだけでもだいぶ違うんですけどね。

イチローがこなす厳密なルーティン。そして、マッサージ・ストレッチ。

備えあれば憂いなし

まだまだ序の口な寒さです。日中はまだまだ過ごしやすい。
ですから今のうちに寒さ対策することが重要です。

インフルエンザも流行るし嫌な時期に突入しますが
ちゃんと対応方法はありますのであせらず

じっくりとやっていきましょう。


 

【おっと!もうひとつ】

自転車も寒いと思われていますが
なるべく薄着で行きます。

10分すれば暑くなります。

 

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!