肩や肩甲骨、腕の方まで続く『モヤモヤ感』や『だるさ』その正体はあれかもしれません

診療日変更のお知らせ
本日休診になります!

月曜日(成人の日)はやっています
9:00〜14:00

よろしくお願いします


日頃患者さんが訴える症状の表現は
本当に様々。

しびれや痛みなら
日常多く接することがありますが

今になってもその表現の新鮮さに
驚くことがあります。

それらを経験や知識によって
検査機械に頼らず

判断していくのが
(限界はありますが)

我々の勝負所
今回こんな症状の方がいました。

当てはまる人もいるのではないでしょうか?

肩甲骨周りがモヤモヤ、腕がだるい

こんな症状を訴える患者さんがいました。
所見上は肩甲骨の位置はずれていて

骨格の歪みも確認できました。
矯正はして症状は落ち着いているのですが

まだ症状は残っています。
どちらかというと筋肉のこりやはりこういうものは

取れているのですが
そのモヤモヤ感や腕のだるさは

残っています。

腕の症状の多くは

この腕の症状、腕が問題があるのではなくて
原因が『首』にあることが多いように

思います。
なので1度レントゲンを取ってみると

いいとオススメします。
いわゆる整形外科の受診です。

ここは言葉で言うよりも
映像でみてもらった方が説得力が

あると思いますし
それはセオリーだからです。

レントゲンをとって診ると

実際撮ってみると
首に『ヘルニア』があり

それが原因となって腕の症状が
出ていることが非常に多いと思います。

(もちろんそれ以外もあります)

ちゃんと確認をとって
診断を得て治療するのと

これなんだろうねー?と言う状態で
治療をすすめるのとでは予後が大きく

違います。
柔整師(整骨院の先生)は意外とその辺何もしないまま

治療をすすめることが多いので
気をつけた方がいいことの1つではあります。

自分もそこは気をつけています。

会社にいるときに症状が出たとき

よくあるのは会社で長時間のPC作業をしていると
こういった症状が憎悪することが多いので

僕は大抵このストレッチを提案します。
いるでもどこでもできるし

効果もあるのでおすすめです。


これです。
h2>整形外科受診後

歪みや骨の状態は当院でも
どこが歪んでいると

確認しながら
やってはいますが

まずは医療機関で
確定診断を受けてからと言うのも

王道です。
当院ではご紹介できる整形外科も

ありますので
安心して来院していただければと思います。


【1日1新】

特になし

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!