個人的な話かもしれませんが1時間のトレーニングで15〜20セットが限界だと思います

大会に出るようなレベルの方は
1回のトレーニング2時間とか3時間費やす方も

いますが一般的なトレーニーの
目安として『1時間』というのはあると思います。

この1時間のトレーニングボリュームを考えるとき
自分のトレーニングはどうなっているのか?

ということを考えました。
そうすると部位に関わらず

1回のトレーニングあたり総メニューの合計セット数は
どの回でもだいたい20セットでおさまります。

(アップ時に軽い不可を使用する回は除外します)

試しにこのセット数を意識して
20セットを超えるような分量でやると

確実にケガをしそうだなという
疲労度になることもわかりましたし

逆にインターバルを多めにとって
セット数をおさえると

なんか間が抜けたようなぼんやりした
トレーニングになります。

(本当はこのくらいでいいのではないかと思います)
   
あとポイントとしては
トレーニング後に筋肉が焼け付くような感覚

(パンプしてるとも言う)

これが大事です。

スクワットした後
なんか歩くのぎこちない

みたいな感覚です。
1回のトレーニングの分量というのはみなさんも

試行錯誤だと思いますが
基本的な概念として

最小時間で最大の効果』だと
思います。

このトレーニング量
参考になれば幸いです

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!