横浜マラソン、調布の花火大会中止、台風接近中。気候の異常な変化をどう乗り切ればいいのか?

台風が接近中です。
どうせいつものとおり

『あれ?いつ行っちゃったんだろう』ということに
なりそうな気がしますが、これからが強いようです。

しかしこの異常気象どうなってしまうのでしょうね。

横浜マラソンの中止

まず驚いたのがこのニュース。
まさか中止だとは思いませんでした。

レースが中止になるなんてまず聞きませんからね。
台風を懸念してというしょうがない状況なので

文句も言えませんが・・・
それと患者さんでこの大会でベストレコードを出すために

頑張っていた方がいました。
入念なトレーニング計画、そして当院でのメンテナンス

コアトレも十分な期間をやることができただけに
(これでベストタイムだったらまたブログに書こうとも思っていました)

この中止は実は自分のことのようにつらいことでした。

調布の花火大会の中止

ゲリラ豪雨を懸念してか、何年か前から秋開催の花火大会。
こんな感じなら比較的雨の少ない秋にするのは意味がないんじゃないかと

思ってしまうほど・・。
それにしても、経済的な損失は計り知れませんね。

それはマラソンもそうですが・・・。

今月土曜日晴れていません

そして今月はなんと土曜日晴れていません。
(日曜日も50%は雨)

晴れた日も10日ほど。
こんな10月は今まであったでしょうか?

例年に比べると明らかに天気が
悪いことがよくわかります。

具合の悪い人も桁違い

低気圧のせいなのか体調の悪い人が
インフルエンザの流行る前の今から

例年より多い気がします。
ちょっと冬前に心配な感じがしますね。

腰痛や首の痛みなどはっきりしたものではなく
なんとなくだるい、すっきりしないなど

いわゆる不定愁訴みたいなものが多いような気がします。
それも例年の域をはるかにこえています。

この異常気象をどう乗り切ればいいのか?

異常気象という言い方もできますが
気象の転換期ともいえると思います。

なので過去のデータから天気を予想しても
全く役に立たないのはそのせいもおおいにありそうです。

晴れの特異日なども余裕で雨が降りますし
直近のところ11月3日はそうなのですが

何だか天気は怪しげです。
天気のことなので自分たちの努力ではどうにもできない部分しか

ありませんが
我々人類が地球を乱暴に扱ってきた

『ツケ』なのかなとも思うときが
最近あります。

もう取り返しのつかないところまで
環境はきているのかなとも思います。

いずれにせよ、台風早く過ぎ去って
もらいたいものです。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!