スポーツの現場には欠かせない『テーピング』いつ外したらいいの?


『テーピング』けがをしてしまった時も予防にも
様々なジャンルで使います。

そのテーピング。
粘着性のあるものなので

時間がたてばたつほど
剥がれてきます。

その一方で
かぶれない剥がれないテーピングも

あります。
色々なテーピングがありますが

施工するタイミング
外すタイミングはどのようなものなのでしょうか?

何も言えなくて…夏


夏ですね

練習・試合の直前

テーピングをするポイントはその競技の直前です。
粘着性はあるのでしっかりつきますけど

やはり夏は汗等で剥がれてきます。
サッカーであれば前半・後半で

野球の投手であれば
イニングごと巻いていてもいいと思います。

それだけのスタッフがいれば、ということですが・・。
かなり細かくやってもやりすぎということはありません。

固定力の落ちたテーピングはほぼ意味がありませんから。

終わったらすぐ外す

競技中に最大限の効果を出すものなので
終わったらさっさと外しましょう。

かぶれないように

かぶれてしまうとテーピングができなくなりますので
のりが付いた状態にしないで

すぐに患部を洗うなどケアをしてください。
テーピングもかぶれないものもたくさん出てきていますが

それでも肌が負けてしまう人は結構います

なんでもなくても

1度障害を負ったところは長期に渡り
違和感が残る可能性があります。

アメフトがテーピングを多用するように
他の競技でも予防の意味も含めて固定するのは

ありだと思います。
そういう場合にも上記のことを守って

やってみてください。


【1日1新】

裏の床屋

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!