年中無休診療をレポート。変化を浸透させるには時間がかかる。

ace6f07ddb087b79dcbbed480a859697_s

強烈な酷暑上旬は10日間連続の雨などなど
とても変わった陽気だった7月ですが

もうすぐ終わります。
当院も『年休無休』を宣言してもうすぐ1か月。

どのような感じになるのか
1か月経って感じたことをお話します。

 

甲子園で連投した投手たちのその後。

院長の身体は大丈夫なのか?

来て下さる患者さんの多くは
『本当にあの院長よく働くわね』と

思っている方が多く僕は
1か月通しで働き続けていると思われているようで

一部の患者さんから身体の心配をされました。
(実際は土曜日休みなのでちゃんと休んでいます)

 

 

ということなのですが、身体はいつも通り
筋トレも淡々と続けております

5年ぶりの再開。効率のいいダイエットを考えた筋トレとは?

 

(何を目指しているのか?と聞かれますがあくまでの健康のためです)

 

うまく回っているのは当然スタッフのおかげ

これは言うまでもありませんが
優秀なスタッフがいなければ絶対に回りませんし

『年中無休』をやろうという決断さえしません。
それと同時に院長不在の中で

自分たちで考え決断していくという
最も大事なことを実践の中で感じて欲しいと言う

思いもあります。

質問:練習でハーフまでしか走れていませんが、フルマラソンは走れるでしょうか?

 

休みの日の確認

各スタッフの休みの日ですが
サイト上ここにあげています。

【12月】スタッフのお休みの日です

ここで確認して頂ければ間違いないと思います。
(8月は近日中にアップします)

 

土日の診療状況

患者さんにとってはいいことだと思いますが
土日で来患が分散しています。

そしてやはり日曜の診療はまだまだ
浸透していないというのが現状です。

この点に関してはもう少し続けないとまだまだ
ダメだと思います。

日曜の診療が少し鍼や自由診療に重きを置いた
感じになっているのが特徴としてでてきました。

これは今後も続く傾向にあると思います。
いらっしゃる患者さんの層も

やはり会社勤めの方が割合として多く
年配者は少ないように思えます。

今のところそのような感じでしょうか?

 

8月もこのスタイルでいきますよ

もちろん8月もこのスタイルで行きます。
いつでも空いているというのは患者さんにとっては

とてもいいようですね、来月あたりはもう少し
浸透していて欲しいなというのが感想です。


 

【おっと!もうひとつ】

神楽坂の8月はイベントもなく
わりとヒマなのですが今年は

8月の中旬に『コボちゃん』の銅像がたつらしく
それはそれでイベントをやるようです。

またもう一盛り上がりするでしょうね。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!