酷暑の毎日、体調を崩している人の特徴は?

DSC_6920

梅雨明け以降ですが、暑さのため体調を崩している方が非常に多い今夏です。
スポーツや文化的習い事なども8月は休みになるところが多いようです。

体調を崩している人にはある程度の特徴があります。

 

 

 

水分信仰には気をつけろ!

テレビ等、メディアでは盛んに
『水を取りましょう』と宣伝していますが

あまり鵜呑みにしてしまいと
とんでもないことが起こります。

『水中毒』といい、浮腫(むくみ)
腎機能の低下など、命の危険にさらされることもあるようです。

特に激しい運動をしない方なら1,5ℓくらい摂取できれば
OKだと思います。

水分の取り過ぎで食欲が落ちると言う現象が
きっかけになると思います。

 

フルマラソン中の栄養補給・水分補給はどうしらいいの?

涼しいところと暑いところを行ったり来たり

涼しいところにずっと入れれば1番ですが
やむなく外出をしたりしないといけないこともあります。

これを繰り返すと、身体は涼しい設定で良いのか?
暑い設定にして良いのか?こんがらがってしまいます。

この一連の流れによって頭痛が発生し
熱中症になってしまうことがあると思います。

これは暑さに強い・弱いということでなはなく
誰でもこのあまりにも激しすぎる気温差によって

体調を崩すころは可能性として多々あると思います。

この夏、これまで継続したメンテナンスをずっと続けられている人とそうでない人の差がもう埋められないくらいあるという現実

 

 

冷えるからクーラーをつけないは辞めよう!

未だにクーラーが嫌いでつけたがらない人はいますが
経済的にもつけないで、熱中症になって病院へ行く治療費と

毎日かかるクーラー代を考えて下さい。
朝からつけていても早々電気代がかかってしょうがない

ということは昔よりはないはずです。

 

クーラーを一晩中つけて寝て、起きたら体が固まっている方は読んで下さい⑤

 

確かに消耗は激しい

同じことをするのでも消耗があまりにも激しいですね。
バテてしまうのもある意味ではしょうがないですが

基本無理をしないように心がけたいものです。
まだまだ30日以上暑い日は続きます。


 

【おっと!もうひとつ】

院を閉めない1か月というのが今週で
なんとか終わりそうです。

8月ももちろん基本閉めない予定です。
成果に関してはまだまだ努力の余地がありそうです。

詳細はまた後日お伝え致します。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!