『先が見えない』ことに対して人はどれくらい我慢できるのだろうか?

今ほぼ大体の人が
思っているであろう

『このままどうなるのだろう』
という不安と

『先行きが全く見えない』こと
自粛・自粛と言いながらも

人が出歩いてしまう
『もういい加減限界』

という人も多数いることでしょう。
ベトナム戦争時、7年間捕虜になり

その後帰還された
ストックデールさんのお話が

脚光を浴びています。
その考えをベースに僕の考えを織り交ぜながら

先が見えないことの
対処法を限りなく書いていきます。

ストレスの心理学 その歴史と展望 [ キャリー・クーパー ]

感想(0件)


敵を徹底的に研究する

最悪の想定と楽観論の共存

氏は帰還できなかった多くは
『楽観主義者』の人たちと言っています。

この今の状況に合わせるとするなら
5月6日に非常事態宣言は解除されるんでしょ?

それまで我慢、でも実際はされない
おそらく1ヶ月の延長、ならもう1ヶ月頑張るか

また延長、みたいなことを繰り返していくうちに
脱落してしまうというような話があります。

根拠なき楽観論が大事な時がありますが
こういう先行きが見えない時は

自分が置かれている状況の中で
最も厳しい現実を直視することが極めて重要だと

氏は言っています。

でも『最後は必ず勝つ』が最強

そしてそのような最悪の想定をしつつ
最後には必ず勝つ』ということは

忘れてはならないと言っています。
そうです、時間がかかっても最後には勝つ

これが唯一の希望です。

みじかな達成をオーバーに評価する

日常生活の細かいところまでフィードバックさせると
達成は何らかあると思います。

  • 運動は問題ないので、今月は何回走る
  • 政府は5月6日までと言っているのでそこまでは頑張る
  • キムタクがおすすめする映画全部観てみようかな
  • ちょっと患者さんへのアプローチ変えてみよう
  • 三国志全巻読破しよう

わかりませんがみじかな達成は普段考えてないだけで
深掘って見ると意外とあります。

これ振り返る価値はあるでしょう。
時間があるならなおさら。

やってみる価値はあります。
超キテな目標は不明瞭ですが

短期的に今日1日レベルに合わせれば
まだまだ達成は作れますし、既存やっていることにもあるはずです。

淡々と、ルーティンは崩さない

そして、普段やっている流れは
なるべく崩さないようにしましょう。

僕は筋トレという最強のルーティンが破壊され
そこからはマラソンに切り替えています。

負荷としては全然ですけど・・・。
ルーティンは重要です。

今日1日の積み重ね

こうやって書いてみると
どう考えても先が見えないことは変わらないので

まずはそこは置いておいて
1日まず過ごすことに注視するとまた違う景色が見えます。

それだけでもまるで違います。
人間は先のことをついつい見がちですけど

まず思い通り、想像通りいくことはありません。
ならばもう考えなくていいじゃないか

僕はこんな風に考えます。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。