久しぶりに行った馴染みの整骨院にやってもらってた先生がいない、こんな時どうする?

ちょっと前に通い始めた歯医者さんの院長が
交代。こんなことに出くわしました。

幸い、メンテナンスで通っているので
そんなにお世話になっているというわけではないから

ダメージは少ないのですが
翻って、この治療業界も同じようなことがたくさんあります。

通う側として
こういうケースに出くわした場合どのようにすれば

いいのか、考えてみました。

アイリスオーヤマ ラミネートフィルム 100μm 診察券 サイズ 100枚入 LZ-SN100

院を変える

王道ですが、院を変えるというのがもっとも多いかもしれません。
接客業あるあるですね。

当院もスタッフのいれかわりの時は大なり小なり
こういうことがあります。

人につくのでは無く店につく

上記のようなことを最小限にするには
(お店側になっていますが)

人では無く店につくように
持っていければいいと思います。

人につくとその人がいなくなった時は
もう来なくなりますが、お店についている場合は

誰がいなくなろうが、ずーと来てくれます。
これポイントです。

なので現場の責任者は
適当に任せながら、手を抜いてはいけません

(矛盾する要素ではありますが)

顔がしっかりしていれば大丈夫

上記と関連してですが
現場の長の顔が全面的に出ていれば

それほどダメージもないと思います。
それだと長はいつまでも手を抜けないというデメリットも

ありますが・・・

1から説明する手間をどう捉えるか

お店を変えると1からお話しないといけません
その点治療業界は長く来てもらえれば来てもらえるほど

情報は蓄積しますのでメリットは出て来ます
そして信頼も生まれます。

担当の方がいらっしゃらないというのは
離反する原因の1つだとは思いますが

そのままお店を変えないことも
メリットはありますので

どっちもどっちということになります。
うーん難しい問題ですね。


【1日1新】

大江戸線春日駅


天気も心配ですが皇居ラン土曜日やりますよ(23日)
13:00くらいには集まって頂ければ(事前連絡不要)

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。