【お盆中どうする】旅行や帰省などで場所が変わった時の筋トレ、あなたはどう捉える?

トレーニーもお盆に入るにあたって
今年はどうかわかりませんが

帰省される方もいらっしゃると思います。
そうすると普段のトレーニング環境からは離れるわけで

かなり間が空いたりします
(そうでなくてもワクチンでけっこうできない日は今多い)

そういう時の捉え方なんですが
一般的には『休むときは休む』でやらないというのが

大多数だと思いますが
場所が変わってもやる方法はあります。

あまり長期に東京をでることはありませんが
僕は必ず行った先でトレーニングできるところはないか?

探します。それでどうしてもできない場合は
走ったり有酸素系でなんとか気を紛らわせます。

要するに身体を動かせていないと気持ち悪く
気分的におさまらない病なので

そこはどうにかしようと思います。
(単純なもので身体さえ動かせていれば絶対的にカラダの調子は安定します)

さあ、行った先でのトレーニング環境ですが
あなたはどう捉えますか?

たかが何日のトレーニング別にいじゃない?
いやいやルーティンだしできればやりたいよ

この2つの拮抗する気持ち
どちらも正解ですが

このお盆の過ごし方
重要ですね。

1つだけ言えるのは
何日かトレーニングをやらないでも筋力自体は落ちることはありません。

要は『気分的』な問題。
やらないことによる精神的なバランスの問題です。

さーどっちを取りましょうかね。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!