日曜の朝にどうやったら早起きして走れるんだよ?と言う方は読んでください


※ランニングマシンもいいけどやっぱり外だよね

診療日変更のお知らせ
12日(土) 休診
13日(日) 休診
14日(月) 9:00〜14:00

上記のように診療時間変更になります。
よろしくお願いします。

 

さて1月。マラソンのレースなども各地で開催され
シーズン真っ盛りと言ったところですが

そうなってくると働いている人に
とってはこの週末は何としても距離を

稼ぎたいところ
しかし出かけたいところもあるし

お昼にはなかなか時間が取れないし・・
という方は多いと思います。

僕は日曜でもなんでも筋トレのターンの日であれば
朝はいつも通り起きてトレーニングをします。

特に朝はおすすめです。
朝の運動をオススメする理由を話しますが

朝なんか起きて運動なんて
とても無理と思う方になれば

幸いです。

寝ても寝ても疲れがとれない人のための スッキリした朝に変わる睡眠の本

新品価格
¥1,512から
(2019/1/6 07:04時点)

きついのは開始15分

この寒い時期は1年で1番きついとは思います。
しかし外ランの場合はきついのは外を出て体が温まるまで

(ジムの場合は暖かいので若干条件は良くなるかな)

それ以降はアドレナリンも出るし
むしろ暑くて仕方ない状態までになるはずです。

そうするとだんだん気持ちよくなっていくので
そうなったらこっちのものです。

マラソンが一種の中毒になっている人は
この作用が多いのだと思います。

(運動全般に言えますが・・)

終わった後後悔は100%ない

この状態から終わるまでとても気持ちのいいものです。
なので終わった後は爽快感しかありません。

必ず『よし、今日もやるぞ』
という気持ちになります。

今日やらなければよかったな
とは絶対になりません。

ここは運動の最大の効能の1つだとは言えます。
帰ってきて朝食も美味しいし

その後どこか行くのでも
気分が違います。

同じようにやると体調の管理もできる

毎回同じようにやっていると
自分の体調の確認も容易にできるように

なります。
今日はもう少し追い込もう、ちょっと休養を取るべき

など自分である程度体の診断ができるように
なるはずなので医療機関に行く機会も

減るはずです。
難しい問題ですが

最終的に自分の体のことは自分にしかわかりません。
そこは他人任せにしてはいけません。

誰にも迷惑をかけない

家族がいたりパートナーがいる場合は
なかなか自分の好きな時間に走ったりすることも

難しい場合はあります。
なのでやっぱり残るのは『朝』

みんなが寝ている時間であれば
基本誰にも迷惑はかけません。

あんまり朝からごそごそすると
それはそれで迷惑になりますが

運動の場合は基本家を出るので
そういうこともないですし・・
h2>それでも朝起きれないと言う方には

これだけのメリットはありますが
それでも朝は起きられないという方は

います。
そういう方には以下のアドバイスを送ります。

着替えを置いておく

マラソンの場合は置いておくのもいいけど
ある程度着て寝るという方法もあります。

朝着替えるのが面倒臭い
という方はよく聞くので

これは意外と使える手段です。

必然と夜寝る時間は早くなる

しっかり睡眠時間が確保できていれば
朝の難易度もグッと下がるはずです。

なので必然と『早寝』は条件となります。

運動前夜の飲み過ぎは論外

それと当たり前ですが
前日の飲み過ぎは論外です。

起きれないし運動どころでは
ありません。

すぐには結果が出ないけど

以上のような話は結果が出るまで
ある程度の時間を有します。

そこまではあまり焦らずボリュームを上げず
まずは朝の運動習慣を根付かせることを

第一に考えたらいいのではないでしょうか?
この冬に朝の運動習慣ができると3月以降は楽勝です。

だから今なんです。
ぜひやってみてください。

あられる効果は計り知れません。


【1日1新】

Decadence du Chocolat

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。