東京湾が震源地?調布で震度5の地震がありました。何が起こるかわからない都内の移動は基本自転車

f8d8e0535002621e38360bf4a2a015dc_s

 

今朝の5時49分に震度5弱の地震がありました。
僕はちょうど今日の投稿を書き終えたところでした。

自然災害については
いつも思うことですが

基本的になすすべがないと思います。
その中で大地震を想定した時に

何ができるか考えてみました。

東日本大震災があったあの日

もうあの日のことは忘れないだろうと思いますが
僕の自転車通勤はこの頃から続いています。

僕のキャリア=自転車通勤ということになります。
みなさんもご存知だとは思いますが

あの日は全ての電車が不通になりました。
『帰宅困難者』という言葉も生まれ

帰宅できない人もたくさんいました。
その日ももちろん自転車だったので

なにも困ることなく
歩いて帰る人を横目に帰宅できました。

こういうこともあるので自転車通勤を励行しています。
(健康と費用の問題ももちろん加味していますが)

都内の移動はTPO上可能ならば
たいてい自転車で移動します。

大まかな東京の地図を頭に叩き込んで
おきたいということもあります。

体力をつけておく

なんといっても家族を守らないといけません。
災害時にはフィジカル的にかなりきつい時も

十分に想定できます。
そんなときに〇〇が痛いなどで

使い物にならないことがあっては
いけません。そういうことも考えると

痛いところがないのは大前提として
それ以上に体力をつけておくことは

重要なことだと思います。
筋トレはそういう意味で災害を想定してという

わけではありませんが、鍛えておくことに
マイナスなことはないと思って日々訓練しています。

 

飢餓状態になれておく

大地震で流通が途絶えた場合
もしかしたら食べることができないかも

しれません。普段食うに困ることは
ありませんから食べられない怖さというのが

わかりません。まだやったことはないですが
『飢餓状態』をつくるために

『断食』にも挑戦してみようかと思います。
普段健康に食べられている喜びもかんじられるはずです。

 

 東京になにもない不思議

全国規模ですといろいろなところで災害が起こっていますが
この東京はせいぜい電車のダイヤが乱れる程度で幸いすんでいます。

この調子ですとまとめて大きいのがくるなど
噂はたえないですが、だからこそできる準備は最大限したいと思います。

 

 

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。