ぎっくり腰が多発した冬、これから夏も多いの?

すべり症

今年の冬はかなりの雪が降りました。
暖かくなるとそんなこと忘れてしまいますが

あの寒いときは『ぎっくり腰』が多発しました。
一般的な解釈として

冬=痛い、夏=そんなでもない
という解釈がありますが

実際はどうなのでしょうか?
自分のこれまでの経験から話していきます。
ちなみに現在の状況ですが
ぎっくり腰の方は冬に比べると

かなり少ないです。
気候が暑すぎず、寒すぎずという過ごしやすい

陽気というのは関係していると思います。
血行の関係で話すと冬はやはり

寒いので、体の動きも少なく関節・筋肉の動きも
少ないので痛めやすいということが言えます。

ならば夏は暑くて動きも多いので痛めにくいという
ことになりますが、実際はそうでもないです。

なぜそうでもないかと言うと、夏は『クーラー』
という最も体を冷やすものがあります。

動きが多いということも『クーラー』によって
阻害されますし、血行も体が冷えて

悪くなるので案外夏場にぎっくり腰は多いです。

夏のぎっくり腰も、暑くて通院できない
など回復を遅延させる要因はたっぷりあるので

厄介なものではあります。
痛みが強いので

コルセットをすることがありますけど
暑くて蒸れて蒸れてどうにもならないなど

治療を阻害させることがあり
本当に嫌なものです。

まとめ

夏=ぎっくり腰は少ないというのは誤解で
クーラーで体を冷やす等ぎっくり腰に

る要素は思いのほかたくさんある。
体を冷やしすぎないようにするなど
クーラー対策しっかりやりましょう。


 

猫背・骨盤のズレ・肩こり・腰痛・マラソンでの痛みから
De la douleur dans le cou raide de décalage, lombalgie marathon perron du bassin

交通事故治療まで
Pour le traitement de l’accident de la circulation

整体・マッサージもしています。
J’ai également carrosserie massage.

神楽坂・飯田橋の健康を地下から支えるウナギ整骨院
Conseil ostéopathique anguille à l’appui de métro de la santé de Kagurazaka Iidabashi
www.unahone.net @unahone

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください