30分くらい座っていると腰がジワジワ痛くなる人は必見です

最近『先生、仁王様みたいね』と
褒めているんだか、けなしているんだか微妙なことを

言われた院長です。

 

さて当院のビックテーマでもあります、『ゆがみ』これについて
語っていきたいと思いますが

まずはなぜゆがみなのか?というお話ですが
ゆがんでいると健康でなくなり痛みがでるという単純な理由が

まずあります。健康でなくなるというのはどういうことか
まず腰痛がでる(これが健康でなくなる要素の80%くらいあるのかもしれません)

その他にもゆがんでいるから膝が痛い、股関節が痛いなど骨盤
周辺の関節に悪影響が必須になります。今は関節の痛みの話に

収まっていますが、実際はゆがみから来る頭痛、便秘、肩こり
生理痛、むくみ・・・

関節以外の病気の元もはらんでいることもあります。
ですので逆に言うとゆがみさえちゃんと治しておけば

まず病気や痛みにつながる多くのものを防げることになります。
普段から僕がゆがみ・ゆがみ・ゆがみ言うのはこの辺を

強調したいがためなのです。

だから『ゆがみ』を計測する『ゆがみーる』
まずはこれで体の状態
を把握することから始めて欲しいのです。

その後に骨盤や筋肉等の概略(体はどう機能しているかなど)
を知ってもらい、質問等あればここで解決していきます。

そして『骨盤矯正』これでゆがみをとっていきます。
さらに定期的にワークショップもやっていますウナストレッチ。

いわゆる『骨盤体操』の当院アレンジなのですがこれで予防という流れになっています。

余裕がある方は定期的に計測・矯正できれば
言うことないと思います。

もちろん計測したら終わりではないので
カウンセリング。要は個々に応じた提案なんですけど

これを重要視しています。

ですからこれまでの流れをまとまると

計測

骨盤等体のことのお話、質疑応答

治療(骨盤矯正・マッサージ・電気治療など)

計測結果を一緒に見てカウンセリング
家に帰ってからやるべき予防法などを提案

終了

となります。
これを普段の外来でやるのはなかなか難しいので

予約診療として枠を設けて治療していきたいと思っています
(具体的なことはこのシリーズで後述します)

続きは②で


 

猫背・骨盤のズレ・肩こり・腰痛・マラソンでの痛みから
交通事故治療まで
整体・マッサージもしています。

神楽坂の健康を地下から支えるウナギ整骨院
www.unahone.net @unahone

 

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください