ぎっくり腰のこと散々話しておきながら、自分がなった時の話(いろいろ試してみました) ②

OLYMPUS DIGITAL CAMERA これまでのあらすじはこちら↓
整形外科に行って来て・・・

前回は整形外科に行った時の話をしましたが 『セカンドオピニオン』
としてもう1件の 整形外科に行ってきました。
(かなり痛かったけど勉強のため・・)

誰が診ても診断はそうぶれないだろうと 思って、確認に。
次にいったところは前回のところに比べて かなり簡素な診断・治療でした。
(これが普通なのかもしれません)

というのも前回は腰椎が潰れていると言われたのですが
今度のクリニックではそこには触れられず ただ『骨には異常ありません』

ということを言われて 終了。
すかさず僕が 『ならこの痛みなんでしょうね?』とやんわりいうと 少し面倒くさそうな表情をして

『筋肉ですね』という。 同じ症状でも病院によってこれだけ診断が違う
(というか患者さんに対してのモチベーション)

ことに驚きました。 逆に言うと診断にある程度差はあっても
(ある程度ですよ、ある程度) 患者さんに治す為のモチベーションを喚起できれば

それでOKだと思いますが、それさえもできない 当時ものすごい腰が痛い状況で
正直それどころではない 状態でしたが

それ以上にこんなに 見解の相違に開きがあることに 驚きました。
そしてここは電気もかけず、薬の処方だけで終わりました。 続きます・・・


猫背・骨盤のズレ・肩こり・腰痛・マラソンでの痛みから 交通事故治療まで 整体・マッサージもしています。 神楽坂の健康を地下から支えるウナギ整骨院 www.unahone.net @unahone

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来3100日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
9年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください