場所がいいのも名前がいいのも治療家の腕。総合力で勝ち抜こう

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここ最近区の制度融資に行ったりと金策に動いていますが
担当してくださっている中小企業診断士の先生

5年前のウナギ整骨院の時担当してくださった先生が
指名できたのでいま改めて

お世話になっているのですが

『焦らず、休まず、退かず』創業の心得を心に刻んで働こう。

『焦らず、休まず、退かず』創業の心得
心に刻まれています。先生からありがたい言葉を当時頂きました。

その先生に5年後の自分の状況を説明して
事業を拡大していくお話をし

直近の確定申告などを見せて一言
『いやー大したものだね』

とお褒めの言葉をいただきました。
『あそこは場所もいいし、何よりも名前がいいよね』

・・・あっ!僕の技術は・・・・、と思いましたが
そこには一切触れず(笑)

しかしよく考えてみると
場所の選定から始まってネーミングやブランディング

ぼくがすべて考えたことです。
そこまで含めて『技術』なんだなと思います。

職人さんの多い業界

我々のような技術職は得てして技術・技術と偏りがちです。
大企業であればそこに広報がいたり、ちゃんとブランディングのスペシャリストが

いるのですが
1整骨院ごときにそんなことはできません。

宣伝からなにからすべて自分でやらないといけません。
そう大事なことは総合力なんだと思います。

どれが欠けていても院の運営に支障をきたします。
総合力というのは『経営者』という側面もあります。

僕の場合経営は税理士さんにお任せなので総合力と言っても
経理の部分はアウトソーシングしている感はありますが・・・

ちゃんと情報発信していても気づかれない

情報発信・・宣伝のことなのですが、5年間休まずやっていますが
まだまだというのが正直なところです。

求められている情報が届いていないということだと思います。
(以外にも、どこの二郎食べたとかは案外PVが伸びるので不思議)

院を構えじっと待っているだけだともう悲惨な結果しか待っていないと思います。
体操教室でもいいし、まずは外に打って出ることが重要だと思います。

出すぎて院の運営を滞らせないようにしてくださいね。

スタッフを採用し育てるのも先生です

全ての決定権は院長にあります。
スタッフを面接し、採用するもしないも先生の判断。

やはりすべての総合力を兼ね備えた院長が『勝つ』院になっていくのだと思います。
技術だけではだめです。


【1日1新】

膳楽房 魯肉飯


当院では現在人材をスーパー急募しております。

  • 柔道整復師国家資格取得者
  • 専門学校在学中
  • この春から入学予定

当てはまる方

もしくは

  • 鍼灸師免許取得者(すぐに臨床ができる方、特に美容)

または

  • 常勤での受付スタッフ

を募集しております。
先着順となっておりますので

ご相談くださいませ。
本院・分院両方募集中です。

(分院はオープニングスタッフということになります)

詳しい条件はこちら
神楽坂ウナギ整骨院

 

 

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。