限度を超えた猛暑!熱中症から命を守るにはどうしたらいいのか?

 

 

6035815a4a20fc94250d32e018272c34_s

 

基本的に寝苦しい毎日が続いていますが、就寝時にクーラーをつけ始めると
次の日体がダルい、という何とも言えない症状が発生します。

これが嫌なのでつけていなかったのですが
昨晩はいよいよつけ始めました。

この台風一過のあとは夏の幕開けでしょう。

今年は比較的夏に強い、好きという方が
『熱中症』になっているケースが多いように感じます。

僕も夏が大好きなのでこの過信するタイプなのですが
『熱中症』について考えてみました。

ガトーショコラだけじゃない!チラシ配りにオススメのセブン『ゼンリン住宅地図プリントサービス』

 

 

 

室内でも熱中症になるという油断

強い日差しに当たらなければ大丈夫と思っている方が
けっこういます。しかし実際の話

部屋の中でクーラーをつけないような状態で
熱中症になっているケースが見受けられます。

よく聞くのは、飲食店で調理場の中での話。
冷房をつけていても、40℃を超えることが

あるようで熱中症になるケースが意外にあります。

日に当たらない=熱中症にならない

と言うことではありません。

 

ギックリ腰が痛すぎて、診療を待っていられません。何か良い方法はありますか?

 

熱中症の分類

昔は『熱射病』と言っていた気がしますが
『熱中症』は重症度に合わせて分類があります。

 

Ⅰ度(軽症)

大量の発汗があり多少めまいがでたりということがありますが
涼しいところに移動させ、水分を取らせたりすれば

その場での応急処置が可能です。

Ⅱ度(中等症)

頭痛や吐き気、嘔吐、脱力感がでてきます。
炎天下の大量発汗で体内の水分・塩分のバランスが崩れ

脱水症状となり起こる症状です。
意識障害はありませんので応答は可能だと思いますが

速やかに医療機関に搬送しましょう。

Ⅲ度(重症)

意識障害、痙攣、体温の異常上昇(40℃以上)などの症状が出てきます。
Ⅲ度になると、体温が上昇して脳細胞に障害が出てきています。

意識障害と言っても意識不明になるのではなく
会話をしていてもつじつまが合わないことを

言ったりする場合もあるので、注意深く観察しましょう。
Ⅲ度は発汗が止まることも特徴です。

救急車を呼び速やかに医療機関に搬送しましょう。

意識障害の判断のポイントは?

水が自分で飲めることができるかどうか重要です。
意識がしっかりしていないと

水は飲めません。
ここはポイントです。

 

冷やすのはおでこではなく・・・

発熱した時などおでこを冷やすことが
多々ありますが

これは返って逆効果です。
なぜかというと

おでこを冷やすと脳が冷えたと感じて
発汗を止めるように命令します。

汗を出して冷却したいのにこれでは
意味がありません。

ではどこを冷やせばいいのかということですが
首筋・脇の下・鼠径部です。

ここは何があるのかというと
大きな動脈が存在する場所です。

この血液を冷やすことで全身を冷やそうということです。
おでこを冷やすのはやめたほうがよさそうです。

熱中症の背景には?

熱中症になった方に後で聞いてみると
なってしまった背景として

寝不足・ちゃんと食事がとれていない・仕事などの過労
などなど全身状態が悪いとかかるリスクは飛躍的に

上がっていると感じます。
個人的に考えても夏場の『睡眠』はもっとも重視したほうがよい

と思います。昼寝をするなり工夫をしてください。

 

冷房はつけましょう

とりあえず冷房をつけましょう。
電気代等もありますが

よほど熱中症になって医療機関に行った方が
お金がかかります。

電気代よりもかかってしまいます。
そして水分

外出も午前中や夕方にして
気温を出来る限りコントロールしてください。

僕もかなり無防備で夏を過ごすので気をつけます。


 

【おっと!もうひとつ】

昨日は10㌔ラン、筋トレと合間を見ながら
やりました。

何を目指しているんでしょうね(笑)

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。