進む情報格差。ネットを使えなければ『くら寿司』は2〜3時間待ち?

イメージ

とても子供受けがいいので『くら寿司』へよく行きます。
子供がなぜ行きたいかと言うと

5枚食べるとガチャガチャが当たるから

要はこれだけです。
寿司はめちゃくちゃ安い

ハンバーグ寿司やとんかつが乗っかっているものが
寿司なのか、甚だ疑問ですが・・。

しかしそんなもんだから相当混みます。
普通に行ったら2時間は待たないといけません。

なのでくら寿司のアプリがあるんですが
ここから予約を取ることができます。

これがあれば予約時間に行けば
待つことなく(誤差5分程度)

席につけます。

スクリーンショット 2015-11-22 5.18.56

『高千穂牧場 カフェオレ』デーリィ南日本酪農協同株式会社 牛乳のクオリティがポイント。

こんなことがありました

イメージ 1

店に着くや否や予約をしておいたので
ささーっと席に着くことが出来ました。

すると前にいた老夫婦が
『なんで私たちより遅く来たのに先に呼ばれるんだ』

という顔をしていました。
その老夫婦はおそらくひたすら待つ方法を選択しているだろう

と思います。

【浜松旅行記②】うなぎパイを制するものは夜を制す。春華堂『うなぎパイファクトリー』へ行ってみよう

何も知らないと置き去りにされる可能性がある

ネット社会は急激な勢いで浸透しています。
この予約だってスマホがないとできません。

何よりもこのブログだって読むことが出来ません。
そうなんです、手に入れられる情報量が激減してしまいます。

まー情報が入り過ぎるという難点もありますが
それはトレーニングでどうにでもなります。

年配層にとってのインターネットは
悪いものでしかないという頭の固い人たちも

いますがそんなこと言ってやらなければ
どんどん住みづらくなると思います。

くら寿司の予約からそんなことを思いました。
知らないことは恐ろしい。

昔村上龍さんの本でこんなのが
ありましたが本当にそう思います

これ出たの8年前ですからね・・・。

近所の内科でも進んでいる

医療機関でもネット予約と言うのは
進んでいます。神楽坂も採用しているところは

増えているようですね。
ある年配の方がネット予約しないで

そのクリニックに行ったところ
予約なしだと当然ですが午前中の診療の

最後に回されるので
そこで膨大な時間を費やすことにつながってしまいます。

その方は『あそこはダメね』とdisり始めるので
まず2度と行きませんね。

どうしてそこでネット予約やってみようかな
とならないのが僕としては不思議ですが

(歳を取ると新しい物を学ぶのはどうやら億劫らしい)

日常生活でも徐々に
生活の中に組み込まれて来ているので

少しずつ迫られている感はありますね。

ほんとうに本気でやっているのか?全ての成功は小手先で達成することはできない

行動の制限があるからこそ

歳を取ると基本いろいろなところが
痛くなります。そういう人たちと

15年以上接して来たので
それは痛いほどわかります。

だからこそ便利に買い物ができる
amazonなどのネット通販を利用しないのか

不思議です。
ここでも実際に店に足を運んで買わないと

不安だという固定観念が邪魔をします。
ネットで買えないものは現代社会ではほとんどないと

思うんですけどね。

なんなら当院でパソコン教室やっても
面白いかなと思うきょうこの頃ですが・・・。

肝心のくら寿司ですが
やっぱり激安でした。


 

【おっと!もうひとつ】

連続宣伝ですが今日は神楽坂イベントです。
イベントがあるとわりと当院はヒマなことが

多いです。どうなることやら・・

イメージ

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!