プレミア21、準決勝の韓国戦に敗退。整骨院の通院も野球も『詰め』が甘いとうまくいきませんね

2015110301001612

たくさんの野球ファンが憤慨していた先日の試合ですが
みなさんはどう思いましたか?

このシーズンオフは通常のプロ野球選手であれば
1年の疲労などを取り除く期間

そこを野球しているんですから(しかも真剣勝負)
体への懸念はありますよね

それは商売柄でもありますが・・・

 

ダルビッシュも懸念しています。

今回の試合、詰めの甘さを感じました。
野球以外の人生においても

『詰め』が甘いと良からぬ
結果が出ることが多い気がします。

それは治療だってそうです

これを機に日本サッカー界がやめた方が良いこと2つ

もうすぐ治りそうなときが 

治療で言うと、もう治りそうな時が
1番のクライマックスです。

良くあるのが
かなり良くなってくると

自己判断で足が遠のくケース。
これまだ僕はもう完治しているので

OKです。と言っていません。
ここをしっかり治して治療を終えるのと

自己判断で
『なんとなくこんなもんか』で

終わらせるのとでは予後が変わります。
ここが前述した『詰め』の部分

野球で言うと7、8、9回に
匹敵するのでしょうか?

ビックリマンシールとスマートさ

終わりよければ全て良し

勝負事ならば最後に勝っていれば
何も言われません。

治療だってそうです。
最後に治っていれば何も文句は出ません。

そうやっぱり『詰め』なんですよ。
最後が重要。

3連休でどれだけ疲れがとれるか?挑戦です。

余談:ノムさんは何と言っているか

本題とはそれますが
今回の敗戦ノムさんこと名将野村克也さんはなんと言っているか?

ダウンロード (1)

まだ確認できていないのですが
気になるところです。

できればノムさんの日本代表の監督が
見たかったなと思いました。


 

【おっと!もうひとつ】

この3連休神楽坂も最後の公式行事

イメージ

これが終わるといよいよ
年末だな、と実感します。

 

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!