決まっていたとは言え、コロナ禍の新規開業で気をつけたい8つのポイント

『こういう状況でよく新しくお店始めるよね』
と思われる方はたくさんいらっしゃると

思います。
一部の変態的な経営者・起業家を除き

こう言う時は守りを固めるので
新規開業は鈍化します。

なので今始めているのは
半年前、要するにコロナ前あたりに決まっていた

ことなので
始まっているわけです。

今後は少し
一部の業態、めちゃくちゃ体力のある企業以外は

新規開業はかなり鈍化するのではないかと
思います。

そこで廃業が多い中
新たにお店や起業される方への

(サービス業)

ですべきことというのを
お話ししたいと思います。

豊富な運転資金

なかなか軌道に乗らないことが予想されます。
誰もこないことを前提に

運転資金を多めに用意しましょう
(多めに借り入れしましょう)

なみに今はお金は借りやすくなっています。
返済も猶予があり、半年後からスタート

みたいなものもあるので
探してみるといいかもしれません。

助成金・補助金等は目を光らせる

新規開業の方を助けてくれる補助金や助成金は
案外たくさんあります。

こういった便利なサイトもあるので
自分の状況でも何かないか、調べてみるのがいいと思います。

仕事にかかる機械の購入など全てではないですが
補助してくれるものもあります。

補助金ポータル
https://hojyokin-portal.jp/

一人でも回せるスペック

これは結構重要です。
個人でやる場合はほとんどこれだと思いますが

お店の広さを最小限にし
最悪自分一人でも回せる状態にできれば

被害は最小限になるでしょう。
それだけ人件費はかなり売り上げが下がると危機的な状況になります。

固定費は究極に抑える

現在経営している方でも常にブラッシュアップすべきでしょう。
固定費の見直しは究極まで

削ぎ落としましょう。

内装費用も軽微に

内装は『しょぼくなく』『そこそこ』のものであれば
高級店でない限りいいと思います。

整骨院なんか特にそうでしょう。
内装できるとこは自分でやってもいいかもしれませんよ。

かなり費用は下がります
(クロス貼ったりとか)

近隣への挨拶を欠かさない

これは始まる前、始まってからですが
コロナで接触が問題とは思いますが

挨拶は絶対に必要だと思います。
商店街の中でやるんであれば

全部のお店にいくべきでしょう。
ロゴ付きのタオルとか作って

(それを粗品にして)

サクッといくといいと思います。
同じサービス業ならば

受け入れてくれるでしょう。
この挨拶、個人的にはとても大事だと思います。

SNS等は愚直に全てやる

無料でできるSNSは必ずやりましょう。
やらないのはのもはや

存在しないのと一緒』です

底からのスタート這い上がるしかない

この時期の開業は本当の底
這い上がるしかありません。

こう言う時に開業する気骨のある方
本当に応援しています。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。