ジムに行くも、長続きしない人の5つの特徴



長年ジムに行っていると
筋トレが続けられる人

離反してしまう人には
ぼんやり特徴がある気がします

(完全に個人的見解ですが・・・)

新しい人が理想を描き入ってくる中で
続けることができず、フェイドアウトして行く方も

多いのがジムの現状
そんなおそらく続かないだろうな

と言う人の特徴を
完全に個人的な見解で

お話ししていきたいと
思います。

逆に言うと
この逆にをすると

継続率が高くなると
言うことです。

カップルできている人

長続きしている人を見たことがありません。
元々性差もあるし体力も違うし

一緒にやること自体無理があります。

スマホをいじる時間が異常に長い

特にインターバル中に触っている人
そして異常に時間が長い人です。

朝やっているので問題にはなりづらいですが
混んでいたら怒号が飛びそうです。

メニューが決まっておらずとりあえず『有酸素』の人

こう言う人も意外に多いです。
最初の段階で仕方なしにこうで

だんだんとメニューが決まってくれば
問題ないのですが

結構最初に有酸素をやって
疲れてそのまま、という人もいます。

最初はパーソナルで地ならししたり
メニューはある程度組み込むといいと思います。

徒手空拳で挑むと
離反率が高くなる印象があります。

筋トレのフォームが力任せで無理やりなり人

筋トレのフォームは基本姿勢を良くして
背筋を伸ばす必要があるのですが

これができていない人は
案外います。

フォームができていないと
怪我をする、痛める可能性があるので

そこで痛めて、フェードアウトと言うケースもあるので
最初は(と言うか基本)重量は気にせずに

フォーム重視で広い可動域を動かすと言う
前提で行うといいと思います。

広い可動域で行えると
きもちいですよ、色々なところが伸びるので。

ストレッチゾーンでくつろいでいる人

ひどいと寝てる人もいたりしますが
ストレッチゾーンでストレッチしていない人は

なかなか継続できていないんじゃないかな??

結論:あまり考えないこと

と言ったことを逆にやらないと
続けられる可能性は飛躍的に上がります。

筋トレに関してはyoutubeなどで
情報が本当に錯綜していますが

シンプルに
いつもの生活にない負荷を少し与えてあげれば

筋肉は確実につくので
あまり難しいことは考えず

シンプルにやることが継続の
秘訣だと僕は思います。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。