筋トレでアップをしませんが、それで問題になったことは・・・


筋トレに関して
時短トレ』を推奨している為

アップはしません。
それだけ聞くと

『ケガとかしないの?』と
思われる方もいると思いましが

特に問題はありません。
その理由をお話します。

Scivation Xtend BCAAパウダー


トレーニングちゅうの失速が怖いならこれを飲むべし

カラダが温まればいいわけで

要は体が温まり
脳が『運動するぞ』と判断するようになれば

いいわけで
方法は何でもいいとおもいます。

1つ言っておくと
筋トレをメインにするならアップで『ストレッチ』をすることは

あまりおすすめできません。
なぜかというと

これからたっぷり筋肉を収縮させるのに
あらかじめストレッチによって逆に

弛緩してしまっては
おもった重量があげられないことがあります。

よくセットとセットの間(インターバル)に
なんとなくストレッチしている人は

いますが
あれは辞めた方がいいとおもいます。

そこまで厳密にやることはないとも
思いますが一応言っておきます。

メインのトレーニングを低重量・高回数でOK

僕の場合アップはやっていないのではなくて
筋トレの種目(特にBIG3)を日によって違いますが

低重量・高回数で何セットかやります。
コンパウンド種目(複数の関節を連動させてやる筋トレ)

であれば全身運動に近いので
数セットでかなり体温は上がりスムーズにトレーニングに

入っていけます。
正直これでOKだと思います。

有酸素など嫌いな人は特にこのやりかたはおすすめです。
ただ1つ注意点として

スクワット・デットリフトをアップとしてやる場合は
腰を痛めないようにやったほうがいいので

『ウエストベルト』の着用は
必ずすべきでしょう。

これでかなり腰が安定します。

adidas(アディダス) 牛革レザーウエイトリフティング ベルト L ADGB-12235

痛めたことはありません

長く筋トレをしていますが
このようなやり方でどこか痛めた

ということはありません。
アップのやり方はさまざまですが

何をメインにするかによって
種目は変わっていきますが

アップはあくまでも
アップ、メインにやりたいことに

時間を割きましょう


【1日1新】

特になし

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。