何が起こっても『ポジティブ』に考えられるようになるにはどうしたらいい?

今年も最後の月になりました。
まだ終わっていないので

何とも言えないですが
今年も無事に終われそうな気がします。

緊急事態宣言が発令された4月

緊急事態宣言発令!整骨院は業態としてどこに含まれるの?

(割と冷静に書いている)

1カ月半ほど完全に一人、ジムも閉鎖
先は全く読めない・・

正直、心が折れそうな瞬間はありました。
しかし、表題にあるように

『どんなこともポジティブに』
という思想があるので各事象を強引にでも

いい方向に考えて乗り切りました。
人間はポジティブにもネガティブにも際限なく振れます。

だから余計に
ポジティブを優勢にしないと

体が動かなくなりますが
最初からこうではありませんでした。

ひとえに日ごろのメンタルコントロールと
仕掛けのおかげです。

ポジティブは様々な仕掛けで
持っていくことが可能だと思っています。

なので『性格』ではないと
思っています。

その仕掛けについてです。

言葉を発する

これは意識してやっていることです。
きつかった4月時も『これはチャンスだ』と呪詛のように

唱え続けました。
それは今考えると結果的にチャンスではなかったかもしれないけど

新たな発想を僕に与えてくれました。
思考し続けました。

『言霊』です。
ポジティブなことを唱えることは重要です。

特に今はマスクが必須なので
色々唱えていても変な人と勘違いされたりすることも

ありません(笑)

ポジティブチェンジャーをできれば3つ

『自動的にポジティブになれる』仕掛けがあれば(できれば異なることで3つくらい)
ポジティブシンキングはより身近なものになります。

僕の場合、筋トレがこれに当てはまるので
(4月は大変でした)

体を動かすことさえできていれば
ポジティブな思考は安定します。

ポジティブな言葉集、音楽集、なんでもいいと
思います。

お風呂に入ると汗が大量にでるくらい
ポジティブを自然なものにできれば言うことはありません。

このブログもそんな効果があります。

健康を保つ

健康でないとポジティブも何もありません。
健康の定義はひとそれぞれあると

思いますがひとまず体が健康でないと
いい方向には向きません

過去を振り返らない

ネガティブだとマイ編集され脚色された
過去の存在が大きくなりません。

大幅に解釈よく編集されていますので
過去の話は断ち切りましょう。

人は今日よりも明日に向かっていて
昨日には戻れません。

言い訳をしない

言い訳自体が『ネガティブ』だと思います。
言い訳が癖になると

まずは逃げの向上を作る癖がつき
それありきで物事を考えます。

人のせいにしたりするのは最悪です
いますぐやめましょう

徳を積み好転させる

もう基本は
『世のため人のため』

ポジティブに徳を積んでいくことが出来れば
それ以上に言うことはないと思います。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!