治療家に定年というものはあるのだろうか?

3d719384c311da3d6dbaee754b24ffc1_s
全く想像がつきませんが誰しもが『引退』というものがずーっと先にあります。
数ある仕事の中で『治療家』の引退はちょっと特殊なこともあります。

治療家の引退について考えてみました。

有孔MRセブン 治療用ベッド マッサージベッド 診察台02P03Sep16【高田ベッド】【納期:受注生産の為、土日祝日を除く7-12日程/代金引換不可・時間指定不可】

感想(1件)


▲最近治療用ベッドをプライベートで買いました。折りたたみ式なのですが頑丈で使いやすいです。

治療する体力がなくなる

治療というものは自分の健康が大前提です。
ですから自分が健康でないと治るものも治りません。

それと治療時の姿勢。これがきついと
なかなか治療すること自体が難しくなります。

そこで『引退』がよぎるのでしょう。
体力的な問題での引退は良く耳にする話です。

稼ぐ意欲

これは治療家など関係ないと思いますが
子供の教育費、家のローン・・負債などがない場合。

これは頑張る必要が極端に少なくなるような気がします
(まっただ中の僕にはよくわかりませんが・・・)

自分の考えの衰えと挑戦することの億劫さ

これはメンタル面ですが、どんどん治療法なども新しい物が出てくる中で
そういうスピードに追いついていけない、そういう意欲がなくなることで

引退がよぎる人がいますね。
『もういいかな』と年をとると保守的になるんでしょうか?

治療院で死ねたら本望かと

翻って僕ですが、特に別段趣味もないため
死ぬまで仕事したいですね。

そのための今のカラダ作りでもあります。
男は仕事がないと一気にダメになるような気がしますね。

なんかやることがないとね。
それとブログ。40年後の77歳は連続投稿が16062日

ここまでやればPVもかなり上がってくるでしょう。
40年後のブログ楽しみですね。


【おっと!もうひとつ】

日本ハムファイターズの大谷投手が日本新記録の164㌔をだしました。
みた感じはもう少しでそうな感じがしますね。

この記事を書いた人

加藤 隆之院長/柔道整復師・ブロガー・矯正治療家
『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。
開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。
4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。

キョウセイで全てが変わる

応急的なマッサージをくり返し結局それを繰り返している人は朗報です『ウナギ式背骨矯正法』で生活を根本から変えましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

『キョウセイですべてかわる』ウナギ式背骨矯正法で健康を取り戻します。 開業以来1500日更新のブログ。フランス人まで来院する国際的な整骨院。 4年目に入りましたが淡々と診療にあたっていきたいと思います。